本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitter

    twitter@mizukamistaff

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • FX攻略.com [公式サイト]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

メルマガ

Twitter@mizukamistaffのご紹介

BMF公認twitterアカウント@mizukamistaff は,ブログの新規記事配信,水上の出演/執筆記事情報に加え,STAFF厳選ニュースの紹介や,twitter限定sign01水上への電話インタビューなど,お役立ち情報満載です。

皆様のご参加をお待ちしています。@mizukamistaffrunshine

2018/10/19

ドル/円・クロス円はスクエア?

東京午前は、ドル/円、クロス円の買い戻しが続きました。

本日の零時からの下落過程ではロングの投げが中心で、ショートができてきたのは下がり切ってからだと思われます。

そのため、ショートの持ち値もあまり良くないため、多少の反発でも買戻しが強まったものと思われます。

そして、買い戻してスクエア(ポジションなし)になって、高止まりとなっているものと思われます。

深追いは危険な相場か?

ニューヨークダウの後追い相場になりました。

言い換えれば、ニューヨークダウに一喜一憂する相場だということです。

FXに主体性がない以上、相場は難しくなると思います。

深追いは禁物だと思います。

難問山積でリスク回避のドル買い円買い

ニューヨークダウは、中国景気の減速懸念が強まり世界景気の先行き不透明感が強まる中、サウジアラビアをめぐる地政学的リスクに警戒感が広がり売られ 、前日比327.23ドル安の25,379.45ドルで取引を終えました。 下げ幅は一時470ドルを超えました。

米国債10年物利回りは、株安を受け逃避買い(利回り低下)が強まり、暫定値ながら前日比0.032%下げて3.173%で引けました。

原油価格は、需給ひっ迫観測が後退し売られ、前日比1.10ドル安の68.65ドルで引けました。

金価格は、世界的な株式相場の下落を受けて逃避的に買われ、前日比2.7ドル高の1,230.1ドルで取引を終えました。

為替相場では、米中貿易問題への懸念からの株安や、EUがイタリア予算案受け入れを拒否する姿勢を示していることでイタリア国債が大きく下落していることなどから、リスク回避のドル買い円買い(リスクオフ)となりました。

ドル/円は、一時111.95近辺まで下落後、112.10-20近辺に落ち着きました。

EUR/USDは、下落を続け、一時1.1449近辺をつけました。

EUR/JPYは、下落を続け、一時128.32近辺をつけました。

相場の目標点は、アバウトで考える

この相場、あのあたりまで行くのではないかと、考えることは良くあります。

目標点を推理することは、決して悪いことではなく、むしろ、相場の方向感を鍛える意味では大事なことです。

しかし、一方で、「相場は、(推理した)目標点を超すか、手前で終わるかのどちらか」だという割り切りも、兼ね備えていなければなりません。

なぜなら、目標点に固執するがあまりに、相場が目標点まで到達するのを待っていたものの、そこまで相場が届かず反転してしまい利食い損ねて、悔しい思いすることがあります。

また、逆に、目標点で利食ってしまったものの、さらに相場がフェーバー(有利)な方向に進んでしまい、悔し紛れに、売り上がってみたり、買い直してしまったりと無駄な動きをすることで、折角得た利益を減らすこともあります。

「相場の天底は、人智では推し量れないもの」、つまり、相場の天井も底もだれにもわからないものだと心得るることが必要です。

したがい、目標点に固執するのではなく、相場が目論んだ方向に進んだことに感謝し、たとえ目標点に至らなくても、状況に応じて利食うことが大切ですし、利食った後に、さらに相場が目標点を上抜いて進んだとしても、感情的にならないことです。

悔しさや欲が突っ張っている時は、決して良い結果を生みません。

2018/10/18

EUR/USD、ジリ安

EUR/USDは、サポートがブレイクしてきています。

戻りも弱いです。

ただし、急落する感じはありません。

まだまだ、サポートは、この下にもあります。

思惑交錯

ドル/円な、重いけれども、下値も堅い状況です。

しかし、それ以前に、EUR/USDとEUR/JPYが強いサポート帯にぶつかっているようです。

このEUR/USDとEUR/JPYのサポート帯がブレイクするかどうかで、次の展開が決まってきそうです。

米中間選挙が間近に迫り、思惑が交錯しているようです。

ドル/円、ポジションの偏りに逆行か?

ドル/円は、113.00超えの可能性はあると思いますが、難しいレベルだとも思います。。

上げたからと言って続伸を期待し過ぎて買うとロングになって反落になると思われます。

ただし、だからと言って、現状レベルを売るとショートになって下がらなくなることも事実です。

要は、ポジションが偏った方の逆に相場は行くものと思われます。

全面ドル高

ニューヨークダウは、公表されたFOMC議事録で複数の委員が政策金利を中立金利を上回る水準に上げることに前向きだったことから売られ 、前日比92.48ドル安の25,795.94ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは、FOMC議事録を受けて上昇し、暫定値ながら前日比0.040%上げて3.203%で引けました。

原油価格は、発表された米週間在庫統計で米在庫が4週連続で増加したことを受け売りが強まり、前日比2.17ドル安の69.75ドルで引けました。

金価格は、ニューヨークダウの持ち直した局面では売られ、前日比3.6ドル安の1,227.4ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、いったん112.02まで売られた後反転し、一時112.68近辺まで上昇しました。

EUR/USDは、1.1530近辺で下げ渋ったものの、結局一時1.1496近辺まで下落しました。

EUR/JPYは、一時129.17近辺まで下落後、129.55近辺まで反発しました。

強気のFOMC議事録も手伝って、ドル高が進みました。

スペキュラティブ

私がいた邦銀は、非常にスペキュラティブ(投機的、speculatiive)で有名でした。

それは、為替のみならず、円債でもそうでしたし、円円スワップと呼ばれるインタレストレート・スワップの一種でもそうで、要は各マーケットで、大口で活発に売買し、他のマーケット参加者から一目置かれる存在でした。

なぜそこまで、投機的だったかと言いますと、当時都銀が13行あり、その上位5行が上位行と呼ばれていました。

私がいた銀行も、上位5行には入っていましたが、収益力では、財閥系などに押され、万年5位でした。

この万年5位から脱するためには、他行と同じことをしていても仕方がないということで、積極的に市場部門でリスクをとり、収益の拡大を追及しました。

市場部門各部署では、若手が配置され、彼らは大きなリスクをとることが任されていました。

営業など市場部門以外の部門も大健闘し、その甲斐あって、その後収益都銀ナンバー1となりました。

しかし、世の中には上には上があるもので、バンカーズトラストという米銀は、それはそれは、スペキュラティブでした。

一度、ニューヨークで、バンカーズのディーラー達と飲んだことがありましたが、バンカーズのインド人ディーラーは、こともなげに、バンカーズ/ニューヨークが持っている、ポンドのポジションが大きすぎるため、毎日BOE(英中銀)が、ポジションを国際電話で聞きにくると笑っていました。

一国の資金繰りにまで、影響するポジションとはいったいいくらぐらいなのだろうと思いましたが、その後、お互いそれぞれに合併し、今となれば懐かしい思い出です。

2018/10/17

円買いと円売りの攻防

東京午後、かなり強烈な円買いか入りました。

ロンドンに入り、円買いと円売りの攻防戦となっています。

均衡が、どちらに破れるか注目です。

«ジリ高は蟻地獄

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー