本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitterアカウント

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • マネーポスト公式サイト [マネーポストWEB]
  • 初心者向けFX専門サイト [FX攻略.com]
  • ユーザー参加型FX業界最新情報&FX徹底比較サイト [エムトレ]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

【3/8&1/18】新刊本&メルマガ一新!

【3/8】「超入門24時間まかせて稼ぐFX戦略投資 」監修  扶桑社

FXで利益を出すうえで一番重要なことは、難しいことはしないことです。

簡単な方法でトレードすればよいのです。

その簡単な方法とは.....?

【1/18】「FX常勝の公式20」  スタンダーズ

今メルマガを新規ご購読いただけると、
『FX常勝の公式20』をプレゼントするキャンペーン中です。

キャンペーンは3/31(金)までなので、この機会に購読をご検討ください。

メルマガを活用したお取引がさらにスムーズに

メルマガのリニューアルを3月中旬に行いました。

メルマガで「相場情報」を入手し、さらにスムーズに
お取引へ活用できるように致しました。

以下変更点です。

(1)相場情報入手⇒お取引がさらにスムーズに

(2)会員様からのご質問のバックナンバーページを作成

(3)メルマガの飾りを失くし、シンプルで見やすい配信に


詳細は下記バナーよりご覧ください。

メルマガ

2017/03/30

試してみませんか?リバースエントリー

リバースエントリーは、相場の動くタイミングを示すボリンジャーファイブを利用したトレード手法です。

トレーディングには、もちろん正しい方向に乗ることは大事ですが、それと同時に、相場の動き出すタイミングに乗ることが大変大事です。

なぜなら、正しい方向を当てていながら、正しいエントリーするタイミングより、早くエントリーしたために、儲けるどころか損してしまうことがよくあることだからです。

そこで、正しいタイミングで、相場にエントリーし、利食えればラッキーとばかりにどんどん利食っていく手法です。

現在、25通貨ペアの2つの期間で、旬の通貨ペアをハンティングしています。

水上紀行のFXマーケットフォーカストでは、こうしてハンティングしたエントリー通貨ペア、エントリーレベルを毎日ご紹介しています。 

尚、リバースエントリーは、システム・トレードではなく、あくまでもエントリーの手法ですので、利益幅には個人差が出ますので、何卒ご留意ください。

以下は、考案者の水上の昨年9月から今年3月までの実績です。

実績(2016年9月~2017年3月)

狡猾な相場展開

まだインターバンクが元気だった頃は、特に邦銀は、決算日直前で、損益をふらさないように、経理から言われ、極力取引を抑えていた時期でした。

しかし、そうした邦銀事情は、外資系はよく心得ていて、わざと邦銀を炊き付けるかのうように、たとえば、売りなら売りで、ジリジリと下値を攻め、邦銀勢を焦らす戦法に出てきました。

それが、期末から期初に替わる時間となると、焦らされていた邦銀は、我も我もと、マーケットに飛び込んでいきました。

そこを、外資系が口を開けて待っていて、利食っていくという、まさに仕組まれた相場展開となりました。

そして、同じような相場展開は、今のマーケットでも、個人投資家を含めて起きていることではないかと思います。

禁「気持ちも新たに、さあやるぞ!」

新学期、新年度、新年は、世の中一般的には、「気持ちも新たに、さあやるぞ!」という心機一転のタイミングとされていますが、相場では、この「気持ちも新たに、さあやるぞ!」は、決して良い結果を生みません。

それは、こうした時期に、多くのトレーダーが、一気にマーケットに飛び込んできて、急速に売り過ぎ、買い過ぎになるためです。

しかも、4月の場合は、相場のトレンドを作る投資家や実需の新年度の方針が決まるのは、早くても4月後半のため、マーケットには投機筋しかいません。

そのため、大きく偏ったポジションを吸収してくれる投資家や実需が不在のため、偏ったポジションの反動は、通常のマーケット以上に顕著に出ますので、注意が必要です。

ドル/円、買い戻しか

ドル/円の昨日の重さは、どこへ?という感じの上げです。

ショートで仕掛けた投機筋が、買い戻してきているものと思われます。

期末前日で、一部投機筋しか動いていないものと見ています。

基本的には、様子見です。

期末の薄いマーケットで投機相場が先行

ニューヨークダウは、オバマケアの代替法案の撤回を受け、ユナイテッドヘルス・グループなど医療保険株に売りが続き、前日比42.18ドル安の20,659.32ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは、トランプ米政権に対する期待感がはく落する一方、英国のメイ首相がトゥスクEU大統領に対してEU離脱の通知を正式に送ったことを受けて低下し、前日比0.041%下げて2.377%で引けました。

原油価格は、発表された週間石油在庫統計では、原油在庫は前週から増えた一方、原油を精製して作るガソリンの在庫は市場予想以上に大きく減少し買いが優勢となり、前日比1.14ドル高の49.51ドルで引けました。

金価格は、EUR/USDの下落を受けて下げ、前日比1.9ドル安の1,253.7ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、ニューヨークオープン直前、110.71近辺まで下げたものの、その後は111.16近辺まで反発しました。

EUR/USDは、1.0737近辺まで下落後、1.0773近辺まで反発しました。

EUR/JPYは、119.02近辺まで急落後、119.57近辺まで戻しました。

総じて、期末の薄いマーケットの中、投機的な売りが先行しましたが、その後売り過ぎによる反発が見られました。

2017/03/29

【3/29】「北野誠のFXやったるで!」(最終回)に出演

今回で、最終回だそうです。

とても、出演するのを、いつも楽しみにしていただけに、非常に残念です。

それだけに、最終回、頑張りたいと思います。

お時間があれば、どうぞお聴きください!

【北野誠のFXやったるで!】

http://market.radionikkei.jp/kitanofx/ust/

http://www.ustream.tv/channel/kitanofx

【ラジオ日経】

http://www.radionikkei.jp/

復習、リターンエース

ドル/円の1時間足でリタ―エースを、復習してみましょう。

27日の6時から9時まで、連続陰線が続き、その後、同日22時から翌28日8時まででいったん埋めようとしていますが失敗し、同日19時から23時まで連続陰線、しかし、ここから切り替えし、29日11時までに、もともとの27日6時の連続陰線のスタート点まで埋めています。

このように、いったん下げてから切り返しても、戻しきれずに反落する場合がありますが、結局は元々のスタート点まで戻すことはよくあります。

特に、下に対して、投機的に攻めれば攻めるほど、このようなパターンになりがちです。

また、いったん戻して下げの窓を埋めていますので、目先は動きづらいものと思われます。

ポンドの具合は?

本日は、メイ英首相がEU離脱手続き開始を通告する予定です

最新のシカゴIMMのポンドのネットショートポジションが3月21日の107,844枚(前回3月14日は107,117枚)と高水準を維持していることがわかります。

このポジション状況で、なおかつ、マーケットは、直近、さらに売ってきていますので、かなり下げに対するリスクヘッジはされていると思われます。

したがい、果たして、予想通りだとしても、それほど落ちないのではないか、あるいは落ちたとしても、一時的ではないかと見ています。

泥仕合と化した期末相場

ドル/円では、昨日の海外で、売りで仕掛けて失敗、今日は、今度は買いで試し始めています。

一方、GBP/USDでは、昨日買いで失敗し、今度は売りからです。

まさに、泥仕合(※)の相場になってきています。

こうしたすさんだマーケットで体力を消耗しないようにすることが大切です。

(※)泥仕合(どろじあい):互いに相手の弱点・秘密などをあばきたてて醜く争うこと。

ドル売りトライ失敗

ニューヨークダウは、8日続落した反動や米景況感の改善を受け、ポジション調整の買いが強まり、前日比150.52ドル高の20,701.50ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは、ライアン下院議長が共和党として税制改革に取り組む姿勢を示し、また、オバマケア代替のためのヘルスケア法案について、期日を設けず進めていく姿勢を示したことから反発し、前日比0.040%上げて2.418%で引けました。

原油価格は、リビアの供給減を見込んだ買いが強まり、前日比0.64ドル高の48.37ドルで引けました。

金価格は、EUR/USDの下落を受け、前日比0.1ドル安の1,255.6ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、一時110.18近辺まで売り込まれましたが、ライアン米下院議長が、税制改革に取り組む姿勢をしっかり見せたことから反発に転じ、一時111.20近辺まで上昇しました。

EUR/USDは、売り優勢で下落となり、1.0796近辺まで下落しました。

EUR/JPYは、ドル/円の上昇に連れて上げ、安値119.70近辺から高値120.20近辺まで上昇しました。

明らかに投機筋がドル売りで攻めていたものの、米国債利回りが一気に上昇したことから、ドル買い戻しが急速に強まりました。

米系ファンド弱体化の一例だと思います。

«マイナビニュースにコラム掲載(2017/03/28)

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー