本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

FXマーケットフォーカスト | GLA

2022/10/06

底堅い

ドル/円は、145.00には達しなかったものの、やはり底堅い印象です。 

安定の144円台

ニューヨークダウは、いったん下げたものの値を戻し、前日比42.45ドル安の30,273.87ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは、やや上昇し、暫定値ながら前日比0.138%上げて3.755%で引けました。

原油価格は、発表された米週間在庫統計でガソリン在庫が減ったことから買われ、前日比1.46ドル高の87.98ドルで引けました。

金価格は、米長期金利が強含んだことから売られ、前日比-4.3ドル安1726.2ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、ロンドンオープン後、ジリ高が再開し、144.65近辺まで上昇しました。ニューヨークに入り、発表された9月のADP雇用統計もISM非製造業景気指数も予想より強かったため、さらに買いは強まり、144.84近辺まで上昇しましたが、その後はポジション調整に反落し、一時144.40近辺まで下げました。

EUR/USDは、0.9923近辺から0.9835近辺まで下げた後、一時0.9896近辺まで反発しました。

EUR/JPYは、143.29近辺から142.45近辺まで下げた後、一時142.99近辺まで反発しました。

押し目待ちに押し目なし(買うのも至難の業)

強い上昇相場を例えた格言です。

「下がったら買い」と決めていても、相場の上げに勢いがあって、ろくに押し目も作らないため買えずに上げてしまう様を表しています。

確かに、強い上げ相場では、押し目を拾うことは至難の業で、逆に押し目で買えるような時は、余程上げに都合の悪いニュースなりが出て、急落している時で、押し目で買うどころではないというのが実際です。

しかし、そういう急落で、目をつぶってでも買わないと、相場に乗れないのが、強い上昇相場です。

より積極的に上げ相場に乗るには、レジスタンスが上抜けるたびに、ストップエントリーで買っていく手法です。

ただし、段階的に買っていきますから、持ち値は高くなっていきますので、ロスカットポイントを上方に修正していく必要があります。

しかも、うまく利が乗ってくれば、段階的に利食っていくことも忘れてはなりません。

相場は、なかなか楽して儲けさせてくれません。

油断せず、神経を使うことが要求されます。

そうした努力があってこそ、利益はついてきます。

儲かったら、休むことも、大変大事なことです。

ヒロセ通商 | タイアップ

2022/10/05

ユーロ、ポンドに注目

これからの時間が、EUR/USDやGBP/USDの中心の時間帯になりますので、その動向に注目です。

EUR/USD、GBP/USDに注意

EUR/USDやGBP/USDがさらに上がると、ドル/円は下押しされる可能性があります。

本日は5日

本日は5日で、5・10日(ゴトウビ)にあたり、9時54分の仲値決めに向けて輸入企業の輸入決済のドル買いが強まる可能性があります。

ドル安

ニューヨークダウは、欧米の主要の中央銀行の利上げペースが緩むとの期待から買戻しが強まり、前日比825.43ドル高の30,316.32ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは低下し、暫定値ながら前日比0.032%下げて3.619%で引けました。

原油価格は、米株上昇を受けて買われ、前日比2.65ドル高の86.28ドルで引けました。

金価格は、米長期金利低下を受けて買われ、前日比31.8ドル高の1733.8ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、ロンドンオープン後、売りが強まり。144.53近辺まで下げました。その後は、114.60~80近辺で横ばい続きました。ニューヨークオープン後、いったん144.93の高値まで買われたものの、米系ヘッジファンドの45日ルール(?)のためドル売りがドル全般に続いたことや米長期金利低下を受けて下落を続け。一時143.90近辺をつけました。

EUR/USDは、0.9888近辺から0.9999近辺まで上昇しました。

EUR/JPYは、143.24近辺から144.07近辺まで上昇後、143.60~00近辺で横ばいとなりました。

米系ヘッジファンドの45日ルール:米系ヘッジファンドの決算日は11月30日で、その45日前の10月15日までに、投資家はファンドを解約するなら、その意思表示する必要があります。一方、米系ヘッジファンドも、解約資金を手当てするためにポジションを10月15日までに手仕舞わなければなりません。ということは、10月に入ると、それまでキャリーしてきたポジションを手仕舞う反対売買が盛んになる傾向があります。

心変わり(トレンド相場の心得)

トレンド相場では、長期にトレンド方向に相場は進行します。

ただし、トレンド相場は、線で引いたように一方向に進んでいるわけではなく、細かく見れば、トレンド方向に向かっているばかりではなく、反対方向に向かう局面もあり、しかし、総合するとトレンド方向に相場は向かっています。

反対方向に向かう局面を調整と呼んでいます。

調整にも浅い調整ばかりではなく、相場が転換したのではと思いたくなるほどの深い調整もあります。

この深い調整を経験すると、心変わりしたくなるものです。

しかし、相場が急転直下転換することは稀で、相場を転換するにしても、上げ下げを繰り返して、今までのトレンド方向への勢いにブレーキを掛けていかないと、なかなか反転はしないのが一般的です。

したがい、心変わりをするにしても、一部例外を除いて、じっくり考えた上で良いように思います。

一部例外とは、世界を震撼とさせるようなことが原因になった場合で、このような時は、とりあえずアゲンスト(不利)のポジションをできるだけ速やかに解消する必要があります。

ヒロセ通商 | タイアップ

2022/10/04

ジリ高

ドル/円は、ショートになっていると思われます。

反発

ドル/円は、投機筋がショートになったのと実需の買いが出たため、仲値決めに向けてジリ高になったもようです。

«円高気味

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー