本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

FXマーケットフォーカスト | GLA

【新企画】ヒロセ通商タイアップ

水上紀行❌ヒロセ通商🦁タイアップキャンペーン実施中❗🌻

タイアップ➕新規口座開設キャンペーンに参加して条件を満たすと…
最大55,000円キャッシュバック✨😆

今年の夏は、ヒロセ通商でFXの波に乗ろう❗💹🏄

詳細・お申込みはこちらのバナーをクリック👇👇👇🙏

ヒロセ通商 | タイアップ

2021/09/19

痛み(ロスカットの効能)

何事にも、相通ずることですが、失敗や損失から早く立ち直るには、痛みが伴っても問題を先送りせず、正面から向かい合うことが必要です。

このことは、トレーディングの世界では、ロスカットという形で、日常的に起きていることです。

ロスカットには、損失という痛みが伴いますが、いったん、ロスカットにより、ポジションがクローズされれば、それ以上の損失の拡大は止められます。

しかし、よくあるのは、ここでロスカットした後反転してしまうのではないか、自分だけ貧乏くじを引くのではないかという強迫観念から、ロスカットができずにいることです。

それで、相場が反転してくれればラッキーですが、さらに損失が拡大する方向に進んでしまうと、もう動きが取れなくなってしまいます。

ロスカットをするということは、損失拡大を食い止めるだけでなく、それまで引きずってきている自分の気持ちを一回リセットさせるという意味でも大変重要です。

一度、ポジションを手仕舞ってみると、随分気持ちが軽くなり、世界も違って見えてくると思います。

そして、リフレッシュした頭で、もう一度相場観を立て直すことです。

損失という痛み伴っても、ロスカットを決断することは、結局は自分を守ることになると思います。

ヒロセ通商 | タイアップ

2021/09/18

ドル/円高止まり

ニューヨークダウは、米景気の減速懸念に加え、来週にFOMCを控えてポジション調整の売りも出て、前日比168.42ドル安の34,582.90ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは上昇し、暫定値ながら前日比0.039%上げて1.370%で引けました。

原油価格は、ハリケーンが去って米国の供給回復観測を受けて売られ、前日比0.64ドル安の71.97ドルで引けました。

金価格は、米長期金上昇を受けて売られ、前日比5.3ドル安の1,751.4ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、一時110.08近辺まで上げた後は、109.95前後で横ばい推移となりました。

EUR/USDは、1.1788近辺を高値に1.1725近辺まで反落しました。

EUR/JPYは、129.67近辺を高値に128.91近辺まで反落しました。

セルフ・コントロール(平常心を保つ)

「利益を小さくコツコツ積上げてきたのに、一瞬にしてパーにしてしまう」ことは、トレーダーの成長過程では、決して珍しいことではなく、よくあることです。

それは、気持ちの持ち方によって、直すことが可能です。

手堅くコツコツと利益を積み上げていくと、だんだんと自信がつき、さらに過信となって、今までなら、この相場どうも思ったのと違うと思えば、この勝負はいったん撤退だと、さらりと抜け出せたものが、執着しそして一瞬にして、折角積み上げてきた利益を吹き飛ばしてしまいます。

一番の原因は、トレーディングに非常に慎重な時もあれば、気が大きくなる時もあるといった感情にムラあるいは起伏があるためです。

こうした感情のムラあるいは起伏ができないよう、平常心を保つことが大切です。

「投機をなす者、楽悲を戒む」という言葉があります。

要は、トレーダーは、勝った負けたで一喜一憂せず、淡々とトレードすることが大切だということです。

特に、勝ったときに気が大きくなったり、負けている時に損失の大きさに漫然として損切れないでいることは、厳に慎むべきことかと思います。

トレーダーは、感情的にはならないよう、自らコントロールできるようになることが要求されます。

ヒロセ通商 | タイアップ

2021/09/17

にらみ合い

ドル/円は、静かながら売りと買いの攻防になっています。

ユーロ買い気

ユーロが、全般的に買いです。

ショートか

ドル/円は、高止まりしています。

ジリ高

ドル/円とGBP/USDがジリ高になっています。

方向感なし?

ドル/円は、一昨日、昨日で往って来いでした。

予想外に強い米小売売上高

ニューヨークダウは、発表された8月の米小売売上高は0.7%と予想の-0.7%を大きく上回り買いが先行しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大による景気回復の遅れへの警戒感は根強く一転売られ、前日比63.07ドル安の34,751.32ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは上昇し、暫定値ながら前日比0.032%上げて1.336%で引けました。

原油価格は、売り先行したものの需給逼迫の見方根強く反発し、前日と同じ72.61ドルで引けました。

金価格は、EUR/USDの下落に連れて下げ、前日比38.1ドル安の1,756.7ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、予想より強い米小売売上高を受けて買われ、一時109.82近辺をつけました。

EUR/USDは、ECBのハト派姿勢に加え、26日のドイツの総選挙の行方に懸念も広がって売られ、一時1.1751近辺をつけました。

EUR/JPYは、128.61近辺から129.13近辺へ上昇しました。

相場とは、皆が望まない方向に進むもの(マーケットのセンチメントを知る)

相場とは、皆が望まない方向に進むものとか、自分のポジションがマーケットに見透かされているようだといった言葉を良く耳にします。

それはある意味、当たり前と言えば当たり前のことです。

なぜなら、多くの人々が望む方向が一方向に偏り、その結果、売り過ぎあるいは買い過ぎとなるため、相場が逆方向にしか動かなくなるためです。

しかも、マーケットの望む方向が片サイドに偏っているという事実は、多くのマーケット参加者自身が気づいていないことが多いと言えます。

つまり、このテクニカル分析、あるいはこの相場観なりは自分ぐらいしか知らなくて、マーケットの大勢は知らないものだと考えているためだと思います。

しかし、秘蔵のテクニカル分析も相場観も、実は、マーケット参加者の大勢意見になっており、ただ誰もあえて語りはしないことから、あたかも誰も知らないようにしか見えないことが多いと言えます。

そのため、目論みに反した相場となると、マーケットがおかしいと思ってしまいますが、実は、同じ方向にポジションを張っていた他の目端の利くマーケット参加者が、どうも思っていた相場展開と実際が違うと相場から脱出するために反対売買をしているのに過ぎないことがほとんどです。

したがい、マーケットが今なにをテーマにしていて、相場がどうなることを望んでいるかについては、日頃から類推することが必要になるわけです。

類推するのに、効果的なのが、値動き分析だと思います。

相場の値動きから、マーケットがショートになっているか、ロングになっているかを、常日頃から読むクセをつけることが大事です。

ヒロセ通商 | タイアップ

«やや円安

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー