本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • X@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

FXマーケットフォーカスト | GLA

※本ページはプロモーションが含まれています

2024/06/21

【海外投機筋動向 追伸】

どうしても、海外で急ピッチに上げてドル/円が戻り、しかも仲値決め付近で、さらに159.12まで駆け上がると、この上げに乗り遅れまいと、高値に飛びついて、持ち値の悪いロングが出来やすいです。

一方、逆張り派は、戻り売りでショートを作ろうとしているようです。

しかし、トレンドに逆行するショートは、しっかり利食わないと、上昇トレンド再開の時には、捕まる可能性があります。

目先のトレードスタイルは、上昇トレンドには順張りで、しかし高値掴みはしないことだと思います。

さらに申し上げれば、今日は金曜日です。

週末リスクがあることも、お忘れにならないことです。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ

他山の石(本邦勢にとっては海外投機筋)

他山の石:直接の意味は「よその山から出たつまらない石」ですが、これを転じて、「自分にとって戒めとなる、他人の誤った言行」、という意味で使われるようになりました。つまり、他人の誤った行いを、自分の学びにしようということです。

この言葉を読むたびに、海外投機筋が、本邦勢にとっては、この「他山の石」にあてはまると思います。

もともと、なぜ彼らがドル売り円買いにこだわるかですが、やはり、売った方が手っ取り早く儲かると見ているからだと思います。

そう思わせた大きな原因が、本邦勢が押し目買いを好むためだと思います。

それに対して、売り下げて、本邦勢を苦しくさせ、さらに売り下げると、簡単に損切るため、楽々儲かるからです。

ですから、こちらが、むしろ彼らが売って作る下げの流れに乗ってしまうといとも簡単に儲かります。

あと、やはり、彼らが売り一辺倒になった決定的な原因は、2022年9月・10月に152円接近まで買い上げていた彼らを、政府・日銀は、9兆2千億円の大量ドル売り介入で対抗しました。

介入直後は、それでも、海外投機筋は、介入で抱え込んだ大量のドルロングを抱えていたにも関わらず涼しい顔をしていましたが、11月10日に発表された米消費者物価指数が、予想より低く、そこで、「もはやこれまで」とばかりに、大量のロングをぶん投げました。

当然、買った分だけ投げるのではなく、倍返しも行ったため20円もの急落となりました。
しかし、深手を負った結果、彼らが一番楽しみにしているクリスマス休暇も返上して損失を取り戻そうとクリスマスギリギリまで、トレーディングの明け暮れました。

そして、翌2023年1月以来、トレードは徹底して売り先行になり、今に至っています。

従って、お門違いではありますが、日本の官民は相当彼らの恨みを買っていると思って良いと思います。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ

ロンドン・ホラー劇場(LHT)には依然として警戒を

ロンドン・ホラー劇場(London Horror Theatre、LHT):

ロンドンは、なにも事件も経済指標の発表もないのに、相場を一方向に持って行き(ドル/円の場合、ドル売りが多い)、狼狽したマーケット参加者が投げるところで利食おうとします。

最近は、マーケットも狼狽しなくなり、急落は著しく減ってはいるものの、油断して逆張りすると相場が大きく変動するリスクがありますので、警戒を緩めないことです。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ

[06/21]FX経済研究所出演

06/21(金)放送の日経CNBC「FX経済研究所」に出演しました。

今回の研究レポートは【6月最終週から7月に備えてYouTubeです。番組は、YouTubeで配信されています。

過去の番組は公式サイトからご覧になれます。水上紀行は通常毎週金曜日の出演です。
YouTubeHiroseTusyo Official 【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル

【海外投機筋動向8】

仲値決めの実需のドル買いに、159.00超えのショートのストップロスが執行されました。

たぶん、高止まりになるのではないかと見ています。

この後は、また午後にでも連絡します。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ


【海外投機筋動向7】

ジリ高ですので、仲値に向けて、実需の買いは続くものと見ています。、

ただし、仲値が決まると実需の買いが引くことを、SHTも知っていますので、仲値決め前になると、猛烈に売ってくる可能性がありますので、警戒が必要です。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ


【海外投機筋動向6】

9時の大手自動車メーカーの売り前後、実需の買いが出ましたが、SHTが抑えに入っています。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ


【海外投機筋動向5】

日本のCPI

前年比  2.8% (予想2.8%)

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ


【海外投機筋動向4】

SHTと思われる売りが、強まっています。

値頃感で買い下がらないでください。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ


【海外投機筋動向3】

8時前後、SHTを想起するような売りが出た後、実需の買いが入ってきたようです。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ


«【海外投機筋動向2】

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [6/21][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告