本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitter

    twitter@mizukamistaff

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • FX攻略.com [公式サイト]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

2019/05/07

試されるドル/円

中国副首相が貿易協議のため訪米の報に、ドル/円が吹き上がりました。

ここで反発するか、また緩むかで、かなりこれからの道筋が変わりそうです。

2019/04/22

下がり切れないドル/円

ドル/円は、午前10時数分前の仲値決め付近で、いったんの高値をつけた後反落しましたが、下げきることもできません。

構図は、相も変わらず、上の売りを意識して、ショートにするため、高値圏に張り付いているのだと思います。

このキャップ(フタ)をされた状態でその手前でショートにしている限り、膠着状態は続くものと思われます。

2019/03/29

意外に円買い

ロンドンは、意外に円買いで入ってきています。

ただ、それ程、ドル/円、クロス円は落ちないのではないかと思います。

2019/03/26

ドル/円、EUR/JPY、目先揉み合いか?

ドル/円も、EUR/JPYも、ニューヨークタイムに下攻めしましたが、シドニータイムに入り、買戻し気味になっています。

目先は、揉み合いになりそうです。

2018/09/07

[マイナビ連載]円の行方、ドルの行方

毎週月曜日配信のマイナビニュース連載「円の行方、ドルの行方」で,為替相場の現状と見通しや心得について解説しています。

2017/01/13

期待の剥落がどこまで続くのか注目

ニューヨークダウは、トランプ次期米大統領の記者会見を受け、将来の政策に対する警戒から世界の株安がダウへも波及し、前日比63.28安の19,891.00ドルで取引を終えました。

米国債10年物利回りは、トランプ次期大統領の記者会見でセンチメントが後退したことから低下し、暫定値ながら前日比0.015%下げ2.362%で引けました。

原油価格は、需給改善への期待感から続伸し、前日比0.76ドル高の53.01ドルで引けました。

金価格は、EUR/USDが強めに推移したことを受け、前日比3.2ドル高の1,199.8ドルで取引を終えました。

為替相場では、トランプ次期米大統領が日本時間12日未明の記者会見で具体的な経済政策に言及しなかったことへの失望感から売られ、ドル/円は一時113.80近辺をつけましたが、その後は114.60近辺まで反発しました。

EUR/USDは、1.0685まで上昇後、1.0620近辺に落ち着きました。

EUR/JPYは、121.40-90近辺でのもみ合いでした。

マーケットのトランプ次期大統領への期待がどこまで剥落するかが注目です。

2016/12/07

クリスマスをすでに意識か?

ニューヨークダウは、米景気の回復期待を背景に金融株に買いが引き続き入り、前日比35.54ドル高の19,251.78ドルと、連日で過去最高値を更新しました。

米国債10年物利回りは、若干緩み、暫定値ながら前日比0.0081%下げて2.391%で引けました。

原油価格は、、OPECの減産合意後の急上昇の反動で、目先の利益確定売りが優勢となり、前日比0.86ドル安の50.93ドルで引けました。

金価格は、EUR/USDの下落に連れて下げ、前日比で6.4ドル安の1,170.1ドルで取引を終えました。

為替相場では、ドル/円は、114.00を挟んでの横這い推移でした。

EUR/USDは、前日の上昇相場の調整から軟化気味に推移し、一時1.0698近辺をつけました。

EUR/JPYは、EUR/JPYに連れ緩み、一時121.94近辺まで下げました。

ちょっと早めですが、クリスマス前の閑散相場のような状況となり確たる方向感はありませんでした。

ただ、ドル/円は、意外と114.00あたりでしぶとく下がらずにいます。

2016/06/28

GBP/USD、続落の可能性

GBP/USDは、2014年7月の1.7190近辺から下落を続け、先日の国民投票で急落し、2009年1月の安値1.3504のサポートを割り込みました。

実は、ポンドは、マーガレット・サッチャーが首相だった頃の、1985年3月頃に一時1.0545近辺まで下落しましたが、その後反発してからは、前述の1.3504近辺が強いサポートとなりました。

しかし、今回の国民投票の結果を受けて、既に割り込み、一時1.3120まで下げています。

つまり、重要サポートが切れている以上は、次のターゲットは、1985年3月頃の1.0545になるものと思われます。

2015/11/17

売り過ぎたか?ドル/円

ドル/円は、高止まりしています。

ということは、マーケットはショートになっているということになります。

パリの同時テロで、リスク回避のドル売り円買いをし過ぎた結果、ショートになり、買い戻しとなっている可能性があります。

しかし、ここから上も、それほど一本調子には上がらないレベルだと思われます。

2015/09/14

今週から、マイナビニュースに、コラム連載スタート!

本日から、毎週月曜に、マイナビニュースに「【コラム】円の行方、ドルの行方」を寄稿致します。

タイトルにとらわれず、いろいろな通貨についてお話しして行きたいと思っております。

今回は、「ドル/円、本格的に円高に転換か?」と題しましてお話します。

以下からご覧ください。
http://news.mynavi.jp/column/mizukami/001/

より以前の記事一覧

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー