本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitterアカウント

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • マネーポスト公式サイト [マネーポストWEB]
  • 初心者向けFX専門サイト [FX攻略.com]
  • ユーザー参加型FX業界最新情報&FX徹底比較サイト [エムトレ]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

2013/10/11

ミズラン(Mizlin) Part.286

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

育風堂精肉店
住所:群馬県利根郡みなかみ町大穴814-1
電話:0278-72-3574

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

水上(みずかみ) in 水上(みなかみ)です。

水上(みなかみ)には、私のフルネーム「水上紀行(みずかみのりゆき)」と漢字が同じ、ご当地饅頭の「水上紀行(みなかみきこう)」があるだろうと前々から思っていましたが、それはない代わりに、道の駅「水上 水紀行館(みなかみ みずきこうかん)」がありました。

町中に、水上の名が氾濫していて、まるで自分の町のようで、安上がりではありますが、大いに満足しました。

育風堂さんは、もともと水上駅前にあった食堂だったそうですが、今は、移転してドイツ風の建物で、料理もドイツ料理が出ますが、昔ながらのカツ丼やソースかつ丼もおいしいので有名です。

そして、平日にはラーメンも出るという、実に実利的な経営をなされています。

また、フロアの担当は、20代の若い人達に任されていて、初々しくて、しかも感じが良くてとても好感が持てました。

ドアひとつでお隣に、酒屋さんの「瀧澤(たきざわ)」があって、そこで買ったワインやお酒は、1本1000円で育風堂さんに持ち込み可能です。

ということで、群馬県産の赤ワインを持ち込み、生ハム、ソーセージ盛り合わせに、プリッツェルなどをつまみながらの、色づき始めた木の葉(このは)を眺めながらのひとときは、格別でした。

次回は、ドイツ料理で、塩漬け豚肉を茹でたアイスバインを頂きたいと思います。

2013/08/09

ミズラン(Mizlin) Part.285

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

香乃園茶房(こうのえんさぼう)
住所:東京都世田谷区若林1-16-1 香乃園茶舗内
電話:03-3412-0036

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

三軒茶屋駅からは、歩いて10分ちょっとの世田谷通り沿いです。

お茶屋さんが経営するお店で、カレーうどんだけでなく、茶そば、甘味のお茶セット、さらにお酒まであるという、実に充実したお店です。

和風カレーうどんと、とろとろチーズのカレーうどんを賞味致しました。

和風カレーうどんは、いわゆるカレーうどんですが、良いお味です。

とろとろチーズのカレーうどんは、クリーミーで、美味い!

しかも、ボリュームも満点です。

この日は、その後用事があったものですから、飲みませんでしたが、お酒や肴の種類も充実していて、次回は、一杯やりたいものだと思いました。

2013/08/02

ミズラン(Mizlin) Part.284

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

車 渋谷南口店
住所:東京都渋谷区道玄坂1-5-2 渋谷SEDE 2F
電話:03-3780-1157

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

友人達と、宮崎地鶏のお店に行ってきました。

それぞれに個性的な仲間達と、美味しい地鶏たたき、チキン南蛮、鶏水炊きなどを頂きながら、会話が弾みました。

ある友人は、今年の冬、スペインに行ってきたそうです。

ユーロ危機の渦中のスペインのこと、治安はどうだったと聞くと、全く問題なかったと言うのです。

むしろ、駅などで順番を待つ列は、非常に秩序立っていたそうです。

国が窮乏すれば、治安が急速に悪くのが、海外では当たり前のことですので、これは驚きでした。

ただ、グルメで有名な町サンセバスチャンまでわざわざ出掛けたのに、期待外れだったのは、残念がっていました。

赤ワイン好きの友人が選んでくれた赤ワインは、さすがに美味い!。

ひとり瞑想にふける友人もいます。

皆、おもいおもいに、このひとときを楽しんだと思います。

また、飲みましょう!

2013/07/26

ミズラン(Mizlin) Part.283

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

魚火 (うぉっか)
住所:東京都渋谷区道玄坂2-16-1 TORGENビル1F
電話:050-5868-3496 (予約専用番号)、03-3780-7779 (問い合わせ専用番号)

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

人気のあるお店のようで、早い時間から、結構にぎわっていました。

まずは、生ビール。

暑い日でしたので、ことさら生ビールが美味しく感じられました。

おつまみには、〆さば、ポテトサラダ、枝豆などを頂きました。

〆さばと枝豆は、私にとっては、夏ならではのものです。

夏は、大がつくほど好きです。

確かに、暑すぎるのも、困りものですが、夏の開放感はたまりません。

健康と趣味を兼ねて、毎日ウォーキングをしていますが、夏は毎年真っ黒です。

さて、名物の鯵フライが出てきました。

非常に軽くて、かつ鯵独特のクセがなくて、キスではないかと思うほどで、実に美味しく頂きました。

今回はいただきませんでしたが、出し巻き卵や肉じゃがも好評のようです。

感じの良いお店でした。

2013/07/19

ミズラン(Mizlin)について

いつも、おいしいお店紹介のMizlinをご覧いただきありがとうございます。

土曜掲載はこれからも変わりませんが、勝手ながら、今後しばらく、不定期とさせて頂きます。

これとは別に、旅行記を毎週土曜に掲載させて頂きますので、よろしくお願い致します。

2013/07/12

ミズラン(Mizlin) Part.282

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

水車の里 瑞穂蔵(みずほくら)
住所:栃木県那須郡那須町湯本新林357-32
電話:0287-76-1676

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

東北道の那須インターチェンジを下りて20分くらいで到着です。

道すがら、気づいたことは、お店や観光スポットなどの案内板が、茶色で統一されていて、美観的にとても良い感じです。

那須の御用邸があることも少なからず、意識されているように思いました。

こちらのお店は、御用邸からも近く、古民家でできています。

一番奥の庭に面した縁側の席に案内されました。

高原の涼しい風がそよいで、とても気持ちが良かったです。

田舎膳を頂きました。

おこげつきのご飯がおひつで出されます。

そして、味噌汁やいろいろに調理された野菜やキノコ、生卵、それに追加で1日限定30食の納豆と、充実した食卓です。

お米もおかずも、とても美味しくて、おひつをおかわりしてしまいました。

ご飯が美味しいのも、そのはずで、那須で代々続く米店が経営しているお店だそうです。

那須に行く時は、必ず寄りたいお店です。

2013/07/05

ミズラン(Mizlin) Part.281

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

味の中華 兆楽(ちょうらく)
住所:東京都渋谷区宇田川町31-5
電話:03-3461-6400

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

若者の街渋谷のど真ん中にある、大衆中華のお店です。

前々から、どうしても一回行ってみたいと思っていました。

おしゃれなビルに囲まれた三角地の一角に、独特の店構えをしてあります。

このお店の外観は、ひとことで言って「分厚そうな壁」です。

なんか、中国の北方にありそうな建物で、それだけでも好奇心が湧きます。

その壁にぽっかり開いたような入口から中に入ると、そこは外の渋谷とは全く異次元の世界です。

真ん中に三角形の厨房があって、それを囲んでカウンター席やテーブル席があります。

コックさんも、ホールのお姉さんも、みんな、この兆楽という世界に生息しているように見えます。

よく、昭和のかおりとか言いますが、ここは兆楽のかおりに包まれています。

客の立場でも、無性に落ち着きます。

チンジャオロース定食をオーダーしました。

すぐ出てきました。

チンジャオロースの味がしっかりしていて、美味しかったです。

今度は、飲みに来たいと思います。

2013/06/28

ミズラン(Mizlin) Part.280 

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

行辺(あんべ)
住所:東京都世田谷区船橋1-5-13
電話:03-3425-0425

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

魚好きの知人に連れられて行って参りました。

店名の行辺(あんべ)は、店主のあべさんのあだ名に当て字を当てたそうです。

店内に入るや、お店の方の笑顔の出迎えが好印象です。

魚好きの知人がはまっているお店だけに、いろいろに調理されたお魚がとても美味しいです。

最近、この知人とよく飲みに行きます。

とても、食いしん坊で、それだけに味には厳しい方です。

それによく飲みます。

彼は、音楽関係の仕事をされていて、私とは全然畑が違いますが、結構馬が合います。

仕事で、よく地方にも行き、各地で美味しいものを食べ歩いているようで、うらやましい限りです。

偶然、知り合いになりましたが、これからも末永くおつきあい頂ければと思っています。 

2013/06/21

ミズラン(Mizlin) Part.279 

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

根室食堂 道玄坂店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-6-7
電話:03-6808-6161

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

根室出身の友人と行ってまいりました。

旬の焼いた時鮭など頂きながら、地酒のワンカップを結構頂きました。

こちらは、もともと東京出身の社長が始めたお店ですが、今では根室とタイアップして、新鮮な魚介類が根室から直送されてきています。

根室出身の友人とのつきあいも、もうかれこれ四半世紀になります。

彼は、7~8年、ロンドンでも勤務していました。

その間に、お母上を、何度かロンドンに呼び、車で旅行したことがあったそうです。

そうすると、お母上が、「あんまり北海道と変わらないね」とおっしゃっていたと聞きました。

確かに、私自身、イギリスと米国東部に住んでいたため、北海道に行くと、懐かしさを感じましたので、お母上のご感想はよくわかります。

彼は、大のサッカー好きで、ロンドンに住んでいた頃は、西欧はじめ、北欧、東欧、中東、アフリカなど、サッカー試合を追いかけて、旅していました。

本当にフレンドリーな人物で、どこの国のバーに行っても、地酒を3杯一気飲みして、一躍人気者となっていたそうです。

食通で、いろいろなお店を紹介してもらったのも、彼です。

これからも、いっぱい飲みまた食べましょう。

2013/06/14

ミズラン(Mizlin) Part.278

ミズラン(Mizlin)。これは、ミシュラン(Michelin)と私の名前をもじったおいしいお店紹介のコラムです。

そば縁肆 さか本 (そばえにし さかもと)
住所:東京都大田区北千束1-42-1
電話:03-3718-8101

意地が悪いようですが、美味しいところをお教えする以上、この情報をもとにご自身で探してみてください。

先輩のご紹介で行って参りました。

最寄りの東急大井町線大岡山駅には、初めて降りました。

ものすごく立派な駅で、驚きました。

駅から庶民的な商店街を歩いて、2~3分ぐらいで、お店に到着です。

リニューアルされたのか、広くておしゃれで立派なお店です。

席について、メニューを見て、酒の肴の種類が多くて、しかも安いのにはびっくりしました。

たとえば、真鯛のカブト焼が560円とは他で見たことがありません。

その真鯛を、お隣のお客さんが頼んでおられ、その大きさに感激し注文しましたが、残念ながら売り切れでした。

鶏の唐揚げ、だし巻き卵、枝豆、ポテトフライといった、まさに居酒屋の定番メニューを、生ビール、さらに焼酎のロックとともに頂き、とうとうメインのせいろそばとなりました。

二段重ねのせいろで出てきました。

そして、せいろそばには日本酒のひやが欠かせません。

細めのそばに、そばつゆをちょっとつけて、ぞぞぞーっと頂きました。

美味い!

ひやを、くっとやって、さらにぞぞーっ。

旨みのある味です。

蕎麦屋の一杯だけに、短時間に内容の濃いひとときでした。

週末には、行列ができるとも聞きました。

なるほどです。

より以前の記事一覧

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー