本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 今日は、土曜日 | トップページ | バーニャカウダ »

2007/10/25

ファンダメンタルズ相場

現在、ドル/円と米国債10年物利回りがパラレルに動いています。

これが意味するところは、今のドル/円相場は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)相場だということで、ある意味、米国景気の良し悪しで決まるわかりやすい相場だと言えます。

つまり、米国景気の行方を示す指標等に反応しやすくなっており、ドル/円は米国景気の浮沈を如実に示す米国債10年物利回りと同歩調を取っているということで、ファンダメンタルズ相場だと言えると思います。

当面、ドル/円では113.00、米国債10年物利回りでは4.3%がキーサポート(重要なサポート)ですが、昨日の米国債10年物利回りの引けが4.33%でしたので、たぶん、米国債10年物利回りが先んじてキーサポートを割り込み、その後をドル/円が追いかけて下げていくということになると思います。

たぶん、年末に向けての相場の非常に大事な局面に近づいていると思われます。

一方、月足でも、112.50が非常に大事なポイントで、来週にはやってくる今月の月末の引けが、112.50を割り込むと、月足ベースでも、強いドル売りサインが点灯します。

ただし、ここからの局面で気をつけなくてはならないのは、誰にでもわかりやすい売りサインが示されるため、短期間にショートポジションが溜まりやすく、ショートスクイズ(ショートポジションの崩し)が入りやすいということです。

こうしたショートスクイズを避け本懐を遂げるには、一にも二にも焦らぬことが肝心だと思います。

ドルベアセンチメント(ドルに弱気の心理)でできたショートポジションがスクイズされたところが売り場、いわゆる戻り売り方針が良と思いますし、もしも、戻りがなく落ちるようであれば、売り圧力は予想以上に強いと取るべきで、113.00が割れたのを確認してから売っても遅くない大相場のように思います。

尚、米国債10年物利回りは、こちらをご覧になるとよいかと思います。
これは、先物(Futures)で、たとえば、43.31というのは、4.331%を意味しています。
このページで、チャートなどもご覧になれますので、いろいろお試しください。

このようなコメントをワカバヤシ エフエックス アソシエイツ私のページで日々レポートしています。ご興味のある方は、こちらへご照会ください。

« 今日は、土曜日 | トップページ | バーニャカウダ »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー