本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 週末のユーロ圏財務相会合に注目 | トップページ | EUとIMF、ギリシャへの融資決定 »

2010/05/02

これからの展開は

この週末のイベントであるユーロ圏財務相会合ですが、5月2日(日)日本時間午後11時から、ブリュッセルで開催されます。

今のところの観測としては、ギリシャに対して、3年間で総額1,200億ユーロ(約15兆円)規模の融資実行を決定する方向にあるということですが、マーケットがこの1,200億ユーロを十分と見るか不十分と見るかどうかで、月曜一番のオセアニアマーケットの動きが決まってくるものと思われ、週初は警戒が必要です。

次に、U.S.Dollar Indexの週足を見て、先週日曜の段階では、ふたつの可能性があると考えました。
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/W (上がドル高、下がドル安)

ひとつは、再び上値をチャレンジするけれども、伸びきらずダブルトップを形成する可能性、もうひとつは、前週までの3週間でブルフラッグを形成し、3月22日の高値を突破し上に踏み上げる可能性でした。

先週金曜が引けた段階では、ヒゲの部分としては高値を更新していますが、実体部分としては3月22日の週の引けの部分とあまり変わらず、先週日曜の段階で考えたふたつの可能性のどちらになるかは、まだはっきりしていません。

ただし、個人的には、まだドルの上昇の可能性があると見ています。

それは、U.S.Dollar Indexを構成する割合の半分以上を占めているユーロは、週足で見る限りまだ底値が固まっておらず、1.3000近辺までの下落の余地が残されていると見るからです。

一方、ドル/円は、週足で94.76近辺まで下りてきている90週移動平均線が上値を抑えており、これをすんなりと上抜くのはかなり難しいと思われます。

つまり、EUR/USDには下落リスク(ドル高)があり、ドル/円は上値が抑えられるとすると、EUR/JPYは下がるということになるのではないかと見ています。

それに加えて、日本はゴールデンウィークで、3日(月)~5日(水)まで東京が休場になるわけですから、ドル/円、クロス円については、海外勢に好き勝手をされる可能性があり、この点も警戒が必要です。

尚、シカゴIMMの4月27日時点でのポジションを見てみますと、
(NON-COMMERCIALのLONGとSHORTのネット)
http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm


LONG15,018-SHORT64,795=SHORT 49,777枚 (微減)

ユーロ
LONG34,462-SHORT123,475=SHORT 89,013枚 (増加)

ポンド
LONG11,634-SHORT66.300=SHORT 54,666枚 (やや増加)

ユーロのショートポジションの増加が目立ち、さすがに売り過ぎの感があります。

したがい、EUR/USDが下落するとは見ていますが、ショートポジションが多いことから、EUR/USDは下げ放しではなく、下落しても戻してくる可能性が高そうです。

« 週末のユーロ圏財務相会合に注目 | トップページ | EUとIMF、ギリシャへの融資決定 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー