本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 調整の調整 | トップページ | 全体的に心持ち下げてのスタート »

2010/05/30

これからの展開は

月曜は、ロンドン・ニューヨークが休場となるため、あまり大きな動きにはならず、本格的なマーケットの始動は、火曜となるものと思われます。

それでは各通貨ペアの方向性を見るために、ドル/円、EUR/USD、EUR/JPYの週足をざっくりと見てみますと、まず、ドル/円に関しては、明確な方向性はなく、横這い推移になるものと思われます。

EUR/USDとEUR/JPYに関しては、先週後半いったんの反発を見たものの、依然として、週足の傾向は下向きとなっており、底打ち感がでていません。

しかも、EUR/USD、EUR/JPYは、週足の重要サポートを下に切れたままになっています。

これらから、ドル/円は横這い推移となる可能性があるのに対して、EUR/USDとEUR/JPYは再び下がる可能性があるのではないかと考えています。

見方の切り口を変えて、ドルの総合的な強弱を示すU.S.Dollar Indexの週足を見てみますと、
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/W (上がドル高、下がドル安)

88.00がレジスタンスにはなっていますが、先々週は週足が陰線でしたが、今週は週の後半EUR/USDなどで調整的なドル売りとなったにも関わらず週足は陽線で引けており、まだまだドル高トレンドが続いていることがわかります。

尚、5月25日時点のシカゴIMMのポジション(NON-COMMERCIALのLONGとSHORTのネット)は、
http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

ユーロショートが106,736枚、ポンドショートが75,079枚、円ショートが10,258枚と、ユーロショートが突出していますが、純粋な投機だけでなくヘッジも入ってきているものと思われます。

つまり、ユーロの先安感は、まだ強いと考えられます。

尚、今週の金曜発表予定の5月の米雇用統計で非農業部門就業者数が50万人程度増えるという予測も出ており、これが現実のものとなると、リスクが回避されたとして、ドル安円安方向に向かう可能性がありますで、この点には注意が必要です。

さらに加えて、週末には韓国・釜山で開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で欧州不安へどのような対応が示されるかも注目されます。

« 調整の調整 | トップページ | 全体的に心持ち下げてのスタート »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー