本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 7/3(火)、日経CNBCに出演 | トップページ | [7/21] The Ring 主催ワークショップに出演 »

2012/07/01

これからの展開は(2012/07/01)

まず、ドルの総合的な強弱を示すU.S.Dollar Indexの週足と日足、そしてシカゴIMMポジションを見ておきましょう。

U.S.Dollar Indexの週足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/W
(※ロウソク足にするには、画面左のChart FormatのCandlestickにチェックしてください)

U.S.Dollar Indexの日足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/32?anticache=1332019379

ざっくりと言って、81.50から83.50近辺での揉み合いになってきています。

次に、シカゴIMMポジションを見てみましょう。

シカゴIMMのポジション
http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

6月26日時点のポジションは、ユーロでは、ユーロロング36,933枚vsユーロショート196,813枚、ネットユーロショート159.880枚(前回ショート141.066枚)です。

尚、同時点の円は、円ロング43,910枚vs円ショート39,368枚、ネット円ロング4,542枚(前回ロング15,137枚)となっています。

円は、狭いレンジでの揉み合いのため、ほとんどポジションはないようです。

ユーロは、ネットショートが前回よりやや増えましたが、先週金曜、ESMが銀行に直接資本注入できるようにするとのEU首脳の合意による反騰で、ショートは結構減ったものと思われます。

いったんは、EU首脳の合意により、欧州を巡る市場懸念は後退したものと思われます。

しかし、マーケットでは、危機対応が本当に機能するのかどうかの懸念は根強く残るものと見ています。

やるとは言ったものの、銀行への資本注入の具体的な手順や条件はまだ不明で、実現可能なものか定かではありません。

そこに持ってきて、今週は、各国政策金利決定あるいは政策決定の材料となる指標発表が、2日(月)に6月調査の日銀短観、3日(火)にRBA(豪中銀)理事会、5日(木)にBOE(英中銀)金融政策委員会、ECB理事会、6日(金)に6月の米雇用統計と続きます。

金融政策の決定については、RBAは据置予想、BOEは量的緩和の可能性、BOEは利下げの可能性があり、決して一律ではありません。

また、政策決定の材料となる指標発表については、日銀短観の結果で日銀が機動的に動く可能性は低いと見ています。

米雇用統計については、先月ツイスト・オペを延長したばかりですから、今回は延長実施後の効果を見ることになり、すぐに次の行動には出づらいものと思われます。

それに加えて、4日(水)は、夏休みシーズンのスタートを告げる米独立記念日となり、マーケット参加者の動きが鈍ることも予想され、総合的に申し上げれば、今週は方向感のはっきりしない相場になるのではないかと見ています。

先週末、ポジション調整からのドル安円安になりましたが、さらにドル売り円売りをすれば、ポジションはその方向に偏り、その結果相場が反転することも十分あり得ると思われます。

ドル安円安:EUR/USDなど円以外通貨が対ドルで上昇(ドル安)、ドル/円、クロス円が上昇(円安)

こういう状況の時は、マーケットから一歩引いて様子を見ることが大事だと思います。

あえて、難しい相場で勝負することはないと考えます。

« 7/3(火)、日経CNBCに出演 | トップページ | [7/21] The Ring 主催ワークショップに出演 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー