本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 6月のセミナー出演情報 | トップページ | [5/27]ラジオNIKKEI「北野誠のFXやったるで!」出演 »

2015/05/31

これからの展開は(2015/05/31)

まず、ドルの総合的な強弱を示すU.S.Dollar Indexの週足と日足、そしてシカゴIMMポジションを見ておきましょう。
 
U.S.Dollar Indexの週足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/W
(※ロウソク足にするには、画面左のChart FormatのCandlestickにチェックしてください)

U.S.Dollar Indexの日足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/32?anticache=1332019379

ドルの反発は、とりあえず頭打ちです。

次に、シカゴIMMポジションを見てみましょう。

シカゴIMMのポジション
http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

5月26日時点のポジションは、ユーロでは、ユーロロング44,221枚vsユーロショート215,961枚、ネットユーロショート171,740枚(前回ショート168,339枚)です。

尚、同時点の円は、円ロング50,210枚vs円ショート112,434枚、ネット円ショート62,224枚(前回ショート22,005枚)です。

ユーロは、ユーロ安に反転したことを受け、ネットショットがやや増えています。

円は、円安が進んだことから、円ショートが増えていますが、まだ買い過ぎという水準ではありません。

さて、今週ですが、まずドル/円は、これまでのレンジ上限であった122円から2円ちょっと上がっただけなのに、マーケットが騒ぎ過ぎているようで、これだけ騒ぐと、返ってロングが出来づらく、ショートが切れず、下げづらくなるものと見ています。

本来レンジブレイクしたら、買い遅れ組が、一気に買上げることによって、ショートに偏っていたマーケットポジションが、短期間に解消され、上げが一服しますが、少しの上昇にも当局に警戒しているとか、警告していると言った報道が繰り返されると、レンジブレイクで捕まったショートがなかなか買い戻さなくなり、したがって下げづらくなります。

そのため、現状でも、レンジブレイク前にできたショートに加え、レンジブレイク後に売り上がって新たにできたショートを合わせると相当のショートがまだ残っているものと見られます。

どうして、そんなにショートが残っているかと言いますと、値動き分析でわかります。

5月26日に、それまでのレンジ上限である122.04を上抜いて上昇を始めたものの、その後、当局のトークダウン発言(発言で相場を下げる)などが出て下げる局面もありました。

しかし、結局先週金曜の引けは、日足の実体(ロウソク足の寄り付きと引け値の間の太い部分)では124.14と高値引けとなり、マーケットのショートが切れ切れていないことがわかります。

また、こうした相場の転換をすぐ米系ファンドのせいにしたがりますが、それまで半年掛かりのレンジ相場で溜まっていたショートポジションが単に買い戻しているというだけで、あえて米系ファンドの役割は、買い仕掛けにより、ショート筋に買い戻すきっかけを与えているのに過ぎません。

結論を申し上げれば、金曜の米雇用統計は気にはなるものの、現状まだショート筋は、当局の円安牽制発言を期待して、ショートポジションを解消していないだけに、まだまだ上がるものと見ています。

今のところ、個人的には、130.00近辺まで上昇を見ていますが、その水準に達しても、買い気が引かないようであれば、さらに上伸する可能性が出てきます。

しかし、そのあたりについては、130.00に接近してから考えれば良いように思います。

一方、EUR/USDですが、依然上がると見ています。

まず、テクニカル的には、5月27日の寄り付き、高値、安値、引け値が、1.0887、1.0929、1.0819、1.0905となり、下ヒゲが1.0887-1.0819=0.0068、つまり68pips出ており、いったん下を見た可能性はあります。

そして、これまで何度か申し上げてきましたように、欧米勢の6月末の中間決算に絡んで既存のポジションの手仕舞いが始まるのは、5月中旬から6月初頭であり、過去の例からも6月初頭になる傾向が多いようです。

今年の場合、現在残るマーケットポジションは、シカゴIMMポジションの最新の5月26日時点で申し上げますと、ユーロが171,740枚のショートと他の通貨に比べますと、ダントツで大きく、中間決算に絡んだこのユーロショートの手仕舞いが今週以降進むものと見ています。

従って、ドル/円とEUR/USDの買いが共に強まるということになると、EUR/JPYは上昇することになるものと見ています。

« 6月のセミナー出演情報 | トップページ | [5/27]ラジオNIKKEI「北野誠のFXやったるで!」出演 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー