本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 今日の「これからの展開は」について | トップページ | ややドル安 »

2017/10/15

これからの展開は(2017/10/15)

まず、ドルの総合的な強弱を示すU.S.Dollar Indexの週足と日足、そしてシカゴIMMポジションを見ておきましょう。

U.S.Dollar Indexの週足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/W
(※ロウソク足にするには、画面左のChart FormatのCandlestickにチェックしてください)

U.S.Dollar Indexの日足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/32?anticache=1332019379

反落です。

次に、シカゴIMMポジションです。

シカゴIMMのポジション
http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

10月10日時点のポジションは、ユーロでは、ユーロロング195,816枚vsユーロショート97,737枚、ネットユーロロング 98,079枚(前週 ロング90,833枚)です。

また、同時点の円は、円ロング51,655枚vs円ショート153,074枚、ネット円ショート101,419枚(前週 ショート84,643枚)です。

つけ加えて、同時点のポンドは、ポンドロング79,610枚vsポンドショート64,102枚、ネットポンドロング15.508枚(前週ロング19.949枚)です。

ユーロは、ほとんど変わりません。

円のネットショートは、増加しています。

ポンドは、ほとんど変わりません。

さて、今週ですが、ひとつ気になったのは、シカゴIMMのネット円ショートが1万7千枚ほどと結構増えていることです。

ユーロやポンドのポジションは、それほどでもないのに、円ショートが増えている一因は、日経平均の上昇を見て円売りしているからだと思います。

しかし、それにもかかわらず、ドル/円は上値が重くなっています。

要するに、従来からの株高円安ではなく、株高円高になっているということです。
https://nikkei225jp.com/chart/

この株の上昇を値動き分析的に言えば、買戻しによるジリ高が進行していて、先週金曜は、一段のショートのロスカットが出た形状をしています。

一方、ドル/円の方は、積極的買い上げてきたためロングが積み上がり、上値が重くなって反落を初めている可能性があります。

もしかしたら、リーマンショック以降の株高円安の構造から株高円高に、根本的な変化が出てきている可能性があります。

それは、リーマンショック以降のグローバルな景気後退・金利下落局面が、最近、IMFも指摘しているグローバルな景気回復見通し、それに伴う金利上昇局面へと転換していることが、従来の株と為替の関係に根本的な変化を与えてきている可能性があります。

つまり、今までの流行りだったリスク・オン、リスク・オフとは違う相場展開になるのではないかと思われます。

いまだ、通貨全般にどうなるのかという全容は掴めませんが、ドル/円でいえば株高円高(株安円安)の相場展開になるのではないかと、現在考えています。

いずれにせよ、大きなエポック(ある年代の起点となる年・事件)転換の時を迎えているように思われます。

たとえば、日本で言えば、これまで上がらなかった株がどんどん上がる株に、株高でも円高になるドル/円こうした今までにはあり得なかったことが起きる可能性があるのではないかと思います。

尚、これは、決してこれまでなかったというわけではなく、古くは終戦、プラザ合意、リーマンショックなど、まったくガラリと時代が変わってしまったことはあり、今回が、リーマンショック(2008年)からだとしても、たった9年のことですから特に驚くには値しないと思います。

ただし、9年ぐらいのことだとしても、一回そのムードに浸ってしまうと、それがこれからも続くと思うようになるのが、人間の性(さが)だと言えるでしょう。

いずれにしても、相場がまた面白くなりそうだと考えています。

メルマガの詳細はこちら

« 今日の「これからの展開は」について | トップページ | ややドル安 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー