本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter*(株)アドライフ運営

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • マネーポスト公式サイト [マネーポストWEB]
  • 初心者向けFX専門サイト [FX攻略.com]
  • ユーザー参加型FX業界最新情報&FX徹底比較サイト [エムトレ]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 明日の「これからの展開は」について | トップページ | お知らせ »

2018/02/18

これからの展開は(2018/02/18)

まず、ドルの総合的な強弱を示すU.S.Dollar Indexの週足と日足、そしてシカゴIMMポジションを見ておきましょう。

U.S.Dollar Indexの週足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/W
(※ロウソク足にするには、画面左のChart FormatのCandlestickにチェックしてください)

U.S.Dollar Indexの日足(上がドル高、下がドル安)
http://futures.tradingcharts.com/chart/US/32?anticache=1332019379

安値圏です。

次に、シカゴIMMポジションです。

シカゴIMMのポジション
http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

2月13日時点のポジションは、ユーロでは、ユーロロング230,785枚vsユーロショート103,496枚、ネットユーロロング 127,289枚(前週 ロング140,823枚)です。

また、同時点の円は、円ロング42,299枚vs円ショート157,808枚、ネット円ショート115,509枚(前週 ショート112,876枚)

つけ加えて、同時点のポンドは、ポンドロング64,164枚vsポンドショート49,224枚、ネットポンドロング14,940枚(前週ロング 27,867枚)です。

ユーロのネットロングは、減少気味です。

円のネットショートは、ほとんど変わりません。

ポンドのネットロングも、あまり変わりません。

さて、今週ですが、まず、先週金曜の日足ですが、寄り付きが106.10、高値が106.40、安値が105.55、引け値が106.30で、要は、下ヒゲの長い小さな陽線が出ています。

ここまで、下げる過程でも、下ヒゲが長く出ながらも続落してきており、そういう意味ではあまり気にしなくても良いのかもしれませんが、2月12日のトランプ大統領の米国が貿易赤字を抱える同盟国を含めた国々に報復関税を課すことを表明して以来、一時3円30銭ほどの下落をしており、最近としては、短期間での大きな下げでした。

そして、先週金曜に長い下ヒゲを出して、ニューヨークはロングウィーエンド(三連休)に入りました。

こうなると、いったん調整(Correction、コレクション)に入ってもおかしくはないと思っています。

特に1時間足を見ても、12日以降、ずっとジリ安で、16日の13時まで推移しました。

ジリ安とは、どういうことかと言えば、買い下がっているということです。

下げてきたものの値頃感(下げもこの辺かな)から下げたところを買い、上げを狙うものの、思うように上がらず、再び下げると、ロングを投げますが、次の買いたいマーケット参加者が拾っていくということを繰り返すため、ロングが切れない状態が続きます。

ジリ安は、一般にだいたい右肩下がり30度~45度ぐらいの角度を保ちつつ下落します。

それが、とうとう、金曜の13時に、106.00が切れたところで大口のロングのロスカットが出て、ロングポジションは一掃されました。

ところが、今度は、この急激な下げを見て、強く下げを確信した、マーケット参加者が売り上がりだし、そのため、戻り売りを繰り返し初め、ショートのまま越週している可能性が高いと見ています。

ジリ高は、一般的には、右肩上がり30~45度ぐらいの角度を保って上昇します。

このジリ高が終わるのも、前述のジリ安の終わりのロスカット的急落のように、今度はロスカット的な急騰があって実際となると言えます。

これは値動き分析という相場の見方です。

値動き分析は、これ以外にもいろいろありますが、特にジリ高になる場合が傾向としては多く、その意味からも、ヘタに売り上がりで固執すると、結構リバース(戻す)する可能性があります。

あと、先週の急落を見ていて気になるのは、下落の斜度がかなりきつくなっている点で、だから、相場が反転するとは思っていませんが、リバウンドはあるのではないかと思います。

ただ、大事なことをつけ加えておきますと、「トレンド イズ フレンド」という言葉があります。

トレンド相場では、トレンド方向に基本は従うことが大事です。

目先の調整のお話をしてきましたが、それも、次の良い売り場を探すためであり、相場の方向が変わったからロングだというものではないと思っています。

ただ、焦って売れば、捕まることもあり、またマーケットの見方が下げに傾けばマーケットのポジションがショートになるわけで、先にご紹介したような値動き分析などを見て、売り時なのか、待つべき時なのかを、見て行くことが大事だと思います。

EUR/USDは、ちょっと重そうで、もう一段下がりそうです。

EUR/JPYも、下げ方向にかなりあぶなっかしい格好になっています。

EUR/JPYの下げっぷり次第で、ドル/円の反発も限られるかもしれません。

メルマガの詳細はコチラ

« 明日の「これからの展開は」について | トップページ | お知らせ »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー