本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitter

    twitter@mizukamistaff

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • FX攻略.com [公式サイト]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« ジョバーの独壇場 | トップページ | ドル/円、二番底見て一服か? »

2019/01/11

セリング・クライマックス

セリング・クライマックス(Selling Climax)は、下落相場の最終局面で、マーケット参加者がどこまで下がるかわからないという恐怖から、ロングの投げが殺到する局面です。

したがって、ダラダラと下落する局面ではなく、暴落に近いような下げ方をします。

しかし、経験則的には、底が見えなくなった時が底になる場合が多く、暴落で、マーケットが投げるべきロングを投げて、ポジションがショートに転じると、自立反転的に相場は戻すものです。

ただし、相場の神様も厳しく、底が見えなくなったから、これで返ってロングポジションを持っていて良いだろうと思うことは許さず、ことごとくマーケットに存在するすべてのロングポジションを解消するまで下げ続けると見ておくべきかと思います。

尚、今がセリング・クライマックスかどうかの見分け方は、戻りなくダラダラと下げてきた相場が、何かをきっかけにして、戻りがないままに下げの速度を早め、さらに損切りと思われる売りで下落が加速し、一種のパニック状態に陥っている時です。

感覚的に申し上げれば、下げがギュンと進んだ時が、セリング・クライマックスだと見ています。

セリング・クライマックスがあるからこそ、相場が正常化するとも言え、特に押し目買いを繰り返す相場には、必要な過程だと言えます。

« ジョバーの独壇場 | トップページ | ドル/円、二番底見て一服か? »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー