本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitter

    twitter@mizukamistaff

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • FX攻略.com [公式サイト]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 円買いか本格化 | トップページ | ドルショートの調整先行の相場 »

2019/03/22

理由が後からついてくるワケ

不思議ですが、相場が動き出した後に、動いた理由が後からついてくるということは、相場にはよくあることです。

実際に起きることですので、そういうこともあると受け入れることが大切だと思います。

私なりになぜなのか考えてみました。

特に、理由が後からついてくるケースは、相場がそれなりの理由があってある一定期間一方向に既に動いてきた時や、相場の膠着状態が長く続いてきた時に起こりやすいと言えます。

一定期間一方向に既に動いてきた場合は、すでにポジションは順張り方向にかなり積み上がっていることが一般的で、ある意味自律的な反転によってポジションを調整しようとする力が働くのではないかと見ています。

そして、相場が動いてしまった後に、まことしやかな理由がついてくるものと思われます。

また、相場の膠着状態が長く続いた場合は、トレーディングは逆張りとなり、ポジションは上がればショートになり、下がればロングになります。

しかも、値幅が狭いため、ポジションを大きくして利益を出そうとしますので、膠着した相場の中で、両サイドのポジションが膨らんでいきます。

しかし、実はこうした膠着して値幅が収斂している相場は、レンジ相場からトレンド相場への変わり目である場合が多く、トレンド相場に移行すると、それまでに逆張りしてできたショートかロングのいずれかのポジションが、大きくアゲンスト(不利)となり、ストップロスをせざるをえなくなります。

こうしてストップロスが出た後に、またしてもまことしやかな理由がついてくるのではないかと思われます。

つまり、ポジションが大きくなり、そしてアゲンストになると、マーケット参加者は損失をできるだけ少なく抑えようと短期間に集中してポジションの手仕舞いを行うことで、理由より早く相場が動くことになるのではないかと思われます。

« 円買いか本格化 | トップページ | ドルショートの調整先行の相場 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー