本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • (株)アドライフ運営twitter

    twitter@mizukamistaff

    メルマガ

  • WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行
  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • FX攻略.com [公式サイト]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

  • 総合広告代理店[株式会社アドライフ Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« やはり、ショートだった | トップページ | イタリア・サルビーニ発言でユーロ下落 »

2019/05/15

フローと相場  

相場を動かすためには、フロー(資金の流れ)が必要です。

たとえば、日本の貿易赤字が増えたから、だからドル高円安という、いわば精神論的な相場観による投機のドル買い円売りと、実際に輸出企業が海外から受け取った外貨建ての輸出代金を円転(円に換える)するために発生する実需のドル売り円買いがぶつかり合うことがあります。

こうした投機と実需のそれぞれのフローは性質が異なります。

まず投機のドル買い円売りは、どこかのタイミングでは、利食いあるいは損切りのドル売り円買いをすることによって損益を確定する必要があります。

そのため、ドル買い円売りをしても、ポジションをホールド(保有)する期間は限られています。

つまり、フローという観点から申し上げれば、投機のドル買い円売りのフローは、いずれドル売り円買いという逆のフローを必ず伴うものです。

一方、輸出企業は、輸出代金の円転というフローは、ドル売り円買いすれば、それで完結してしまいますので、輸出のフローはドルの売りっ放しで買戻しはありません。

このように、投機と実需ではフローが違い、時間はかかるものの、売りっ放しの実需のドル売りが、結局は投機の買いに勝ることが、多いと言えます。

特に、実需取引の多いドル/円では、こうしたマーケットのフローがどのようになっているかを知ることが大事になります。

たとえば、5・10日(ゴトウビ)は、輸入企業の円売りが多いとか、月末の週は輸出企業の円買いが多いといったことはフローが実際に発生しますので、良く覚えておく必要があります。

« やはり、ショートだった | トップページ | イタリア・サルビーニ発言でユーロ下落 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー