本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 日本最大級のFX比較・入門サイト|エフプロ]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]
  • FX攻略.com [公式サイト]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« ドル/円の売りから | トップページ | 新型肺炎感染拡大懸念が再燃 »

2020/02/14

ツーウェイクォートについて

ツーウェイクォートは、売値と買値を同時に提示にすることであり、外国為替市場が、いかにフェアであるかを示す具体的なシステムだと言えます。

一般的に、FX(外国為替証拠金取引)では、ツーウェイクォートの左のレートを「売値」、右のレートを「買値」と呼んでいます。これは、利用される皆様にご理解しやすいように、左のレートをヒットすれば、それは、(自分が)売ったということであり、右のレートをヒットすれば、(自分が)買ったという意味で、そのように名づけられています。

しかし、インターバンクでは、これが逆で、左が「買い」、右が「売り」です。これは、なぜかと言いますと、基本的に、インターバンクは、お互いに、レートを、相手に提示し合うため、レートを提示した側から見た言い方をします。

つまり、例えば、109.75-80とレートを、私が相手に提示したとすると、それは、109.75なら、私は買うし、109.80なら、私は売るよという意味になり、提示された相手が、そのレートに満足すれば、109.75で売るとか、109.80で買うということになります。

たとえば、海外旅行に出かける時に、銀行で、ドルに両替する場合、よく両替レートを見てみると、自分はドルを買ったはずなのに、「ドル売りレート」が適用されているのは、銀行がお客様にドルを売るレートという意味で表示されており、身近な例だと思います。

また、インターバンクでは、「売値」「買値」とは、呼びません。

左のレートをBID(ビッド)、右のレートをOFFER(オファー)、あるいは、ASK(アスク、米国の言い方)と、呼びます。ですから、インターバンクディーラーの間では、こんなふうに話されています。

たとえば、レートが109.75-80として、「75でBIDしていたら、Given(ギブン、売られたの意)された。」(109.75の買いの指値をしていたら、売ってきて注文が成立したの意)とか、「80のOFFERを、Take(テイク、買うの意。)した。」(109.80の相手の売りの指値を買ったの意)という具合で、最初、聞くとチンプンカンプンです。

因みに、Take、Giveですが、Takeは、自分が買う、Takenは、相手に買われる。Giveは、自分が売る。

Givenは、相手に売られるの意味です。

以前は、と言っても、かなり前ですが、東京外国為替市場では、日本語で、「買った。」、「売った。」で、取引が行われていましたが、相場が熱くなると、ディーラーの声も、ブローカー(仲介業者)には、「ったー!」としか聞こえなくなり混乱が生じたため、Take、Giveを使ったり、前例の109.75-80で言いますと、「75で何本。(売りの意)」とか、「80で何本。(買いの意)」と、プライスで言うようになりました。

そして、電子取引が盛んになり、さらに、クリアになりましたが、あのマーケットの臨場感を、スピーカーボックスを通して伝えるブローカーの緊迫したレートクォートがすたれたのは、少々寂しいものがあります。

« ドル/円の売りから | トップページ | 新型肺炎感染拡大懸念が再燃 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー