本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« [8/7]FX経済研究所出演 | トップページ | 小動き »

2020/08/10

定点観測とマーケットサマリー

私は、毎朝4時ごろに起き、ウォーキングの途中立ち止まり、スマホでニューヨーククローズ間際の主だった通貨ペアのプライスを見ています。

なぜなら、寝る前に見た水準とニューヨーククローズが迫った時点での水準を比較して感じる印象が、これから始まる24時間をイメージするのに、非常に役立つと思っているからです。

また、席に戻り午前5時45分からのテレビ東京「モーニング・サテライト」で、ニューヨークからのマーケットサマリー(マーケットの要約)を見ていますが、短いけれどもニューヨークで何が起きたか手っ取り早く把握でき、大変参考になります。

これは、決して早起きをお勧めしているのではなく、ある時点の水準を継続的に観察すること、そして睡眠という空白部分を埋めマーケットを24時間で見ることが、相場観を鍛えるのに効果的だということを申し上げたいためです。

つまり、定点(一定の位置)で相場を継続的に観測するという定点観測をすることが大事です。

そして、定点で見るとなれば他のプロダクツ(投資対象)も引けた後の為替相場のニューヨーククローズが、マーケット全体の動きを集約していて良いと思っています。

ですから、7時に起きてから、ニューヨーククローズを遡って見ることや、いろいろなソースからニューヨークマーケットのサマリーを聴いたり読んだりしても、それから受ける印象から、これからの相場をイメージすることでも構わないと思います。

確かに、マーケットのサマリーは、後づけだという意見もありますが、読むポイントとしては、サマリーのすべてを鵜呑みにせず、何をマーケットがテーマとしたがっているかをサマリーのフレーズから探るというところに重点をおくことが大事だと思います。

« [8/7]FX経済研究所出演 | トップページ | 小動き »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー