本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« ドル/円強含み | トップページ | 英・EU通商交渉が合意 »

2020/12/25

アリ地獄、ニューヨークマーケット

私は、ニューヨークマーケットとは、アリ地獄のようなものだと思っています。

お仕事をお持ちの方は、実際にマーケットを見始める時間帯が、午後8時から10時ごろとなることが多いことでしょうから、どうしても、ニューヨークマーケットを見ることになると思います。

見ること自体は、全く構わないことなのですが、問題は、ひとたびニューヨークマーケットを見入ってしまうと、なかなか今日はここまでと見切りをつけられなくなり、寝るのが明け方になったり、悪くすれば徹夜になってしまったりします。

特に、アゲンスト(不利)なポジションを持っている時は、往々にして、そうした状況に陥りやすいと言えます。

ひとつ、ニューヨークマーケットの特性を申し上げて起きますと、ひとたび方向が決まるとニューヨーククローズ間際まで、とことん、その方向をやり続けます。特に、金曜日に、その特性が顕著です。

ですので、たとえば、アゲンストのポジションをお持ちになっていて、どこかで反転するのではないかと期待をお持ちになっていても、ほとんど方向は転換しませんので、そこはいったん撤退して、寝るにこしたことはないと思います。

尚、方向が決まるのは、夏時間で日本時間午後11時前後1時間、冬時間で午前零時前後1時間になることが多いよう思われます。

往年の株の大相場師、故是川銀蔵翁は「相場の心得、その一」として「よく寝ること」と諭されています。

つまりは、「相場に向かうにあたっては、健康が一番」ということではないかと思います。

勝負に出て、相場をとことん追うということは時としては必要ですが、とことん追うことがが恒常化してしまうと、本当に体を壊してしまいます。

もっと、闘うべき時、休むべき時のメリハリをつけることが大事ですし、健康であればこそ、正しい判断ができるのだと、個人的には思っています。

« ドル/円強含み | トップページ | 英・EU通商交渉が合意 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー