本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« いいレート、嫌な感じ | トップページ | Weekly Report(2021/01/03) »

2021/01/03

リーディング・カレンシーの見極め方

相場の局面局面で、リーディング・カレンシー(相場をリードする通貨)が存在します。

今どの通貨、あるいは通貨ペアがリーディング・カレンシーなのかをできるだけ早く察知することで、一方向に一番大きく動く通貨ペアでの効率的なポジションメイク(ポジションを作る)や、迅速なリスク回避が可能になります。

リーディング・カレンシーを見極めるためには、現在の相場のテーマに関連する通貨を探すというファンダメンタルズ的な手法もありますが、より実戦的には、いろいろな通貨ペアの動きを同時に見比べてるというクセをつけることが大事だと個人的には思っています。

それぞれの通貨ペアの動きを比較して見ることで、他の通貨ペアに先んじて動いている通貨ペアを見つけます。

いろいろな通貨ペアの動きを比較した結果、リーディング・カレンシーが円絡みであった場合、ドル/円が中心か、クロス円が中心かを、見極める必要があります。

クロス円と同じ方向にドル/円が動いていれば、その場合はクロス円がリーディング・カレンシーの場合が多く、逆に、たとえばドル/円が下げていてクロス円が上げているなど、それぞれが逆行する動きをする時は、ドル主導の相場展開であることが一般的です。

クロス円主導の場合は、いろいろなクロス円の動きを比較すると、リーディング・カレンシーとなっているクロス円がはっきりします。

また、ドル主導の場合は、ドル絡みの通貨ペアの動きを見比べれば、どの通貨ペアがリーディング・カレンシーかがはっきりします。

さらに、いろいろな通貨ペアの動きを比較した結果、たとえば、リーディング・カレンシーがポンドであった場合、次にポンドのいろいろな通貨ペア、つまり、GBP/USD、GBP/JPY、EUR/GBP、GPB/CHF(ポンド/スイスフラン)などの動きを比較してみます。

一番動いていそうなのが、たとえば、GBP/USDかEUR/GBPかはっきりしない場合もあります。

その場合は、1時間足で、GBP/USDとEUR/USDの動きを比較して見るとはっきりします。

もし、GBP/USDが下落していて、同時にEUR/USDが上昇しているような、いわゆる股裂き状態であれば、それはEUR/GBPで大きな動きが出ていることがわかり、その時点のリーディング・カレンシーがEUR/GBPであることがわかるわけです。

逆に、GBP/USDもEUR/USDも同じ方向に動いていて、GBP/USDの方がEUR/USDよりも先んじて動いているようであれば、GBP/USDがリーディング・カレンシーである場合が多いと言えます。

尚、リーディング・カレンシーになりえる通貨は、一般的には、メジャー通貨(主要通貨)であり、動きが速いと言ってもマイナー通貨の場合はリーディング・カレンシーになることは余程のことがない限りありません。

« いいレート、嫌な感じ | トップページ | Weekly Report(2021/01/03) »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー