本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« [1/15]FX経済研究所出演 | トップページ | ドル高 »

2021/01/16

ポンドとスイスフラン

通貨と国民性を語る上で、正直なんでだろうと思うのは、ポンドです。

イギリス人に対して、基本的には、温厚な印象があるのですが、なぜポンドがあれほどボラタイル(変動の激しい)な通貨なのかと思います。

ロンドンにいて感じることは、ロンドンは、イギリスの首都であるとともに、英連邦の宗主国の首都であるということです。

街には、中東、アフリカ、インド、パキスタン、香港、オーストラリアなど、現在も英連邦だったり、元英連邦であった国・地域から移ってきたいろいろな人種・民族、そして近年増えたロシア人などが住んでおり、人種のるつぼという点では、ニューヨークに引けを取りません。

その中には、中東やロシアなどの尋常でない大金持ちもいて、こうした人たちが、主要通貨と言いながらも、リクイディティー(流動性)の低いポンドで、投機的に暴れまわっていることが、ポンドの荒れる原因のひとつなのではないかと個人的には考えています。

しかも、イギリス人自身も、温厚に見えながら、冒険好きで執念深いところがあることも影響していると思われます。

余談ですが、ロンドン市場では、ケニアポンドとか、クェートディナールとか、インドルピーなど、日本ではなじみのない通貨の取引も行われていて、ロンドンが世界の通貨取引の交差点であることを実感します。

一方、スイスフランはまた違った側面を持っています。

スイスフランの国スイスは、永世中立国であることで有名ですが、主たる産業は観光と金融です。

観光に関しては、世界から訪れる観光客に対しては、非常にフレンドリーですし、またナンバーアカウント(無記名口座)に大口の資金を預けてくれる顧客に対して、スイスの銀行は丁重に対応してくれます。

しかし、非常に保守的な国民性で、かれらの生活空間に外国人が入り込むことを好みません。

為替の世界でも、同じようなことが言えます。

以前、アジアタイムでもUSD/CHF(ドル/スイスフラン)が激しく売買されていました。

しかし、スイスフランのマーザーマーケット(本拠地)であるチューリッヒ市場が入ってくると、瞬く間に、スイス勢は、彼らが思うスイスフランの水準に力づくで持っていこうとするところがあって、自国通貨の水準は、自分たちで決めるという意志を強く感じました。

« [1/15]FX経済研究所出演 | トップページ | ドル高 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー