本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« ドル買い続く | トップページ | ドル/円揉み合い »

2021/01/22

スロースタート

ディーラー間で、よく使う言葉です。

東京、ロンドン、ニューヨークなど、どのマーケットセンターにしても、通常の寄り付き時間になっても、相場が小動きのままで、はっきりと上げなり下げなりに動かない時、そのセンターはスロースタート(slow start)だと言います。

多くの場合、そのセンターがオーバーナイト(一夜越え)でやられてしまった時に、スロースタートになりやすく、こうなると、しばらく様子を見るしかありません。

また、オーバーナイトでやられていなくても、相場状況がはっきりしない時、様子見からスロースタートとなることが多いと言えます。

最近の各センターの動きを見てみますと、東京は、意外とスロースタートではないことが多く、午前9時の寄り付き前後に動きが出ます。

しかし、これは、主に輸出入企業などの実需筋が、午前10時間際に決まる仲値に向けての売り買いが出るためで、トレーダーの自己勘定での売買による動きではないと言えます。

その証拠に、仲値が決まってしまうと動きがパタリと止まってしまうことが、東京ではよくあります。

ロンドン、ニューヨークは、以前に比べると、スロースタートになることがやや多くなったように感じます。

しかし、ひとたび、方向が決まると、執拗にその方向を攻めてくることは、以前と変わりません。

ロンドン時間午後1時にニューヨークがオープンしますが、ロンドンにいた頃、この時間にまさにガツーンというインパクトと伴に、毎日のようにニューヨークが参入してきましたので、ニューヨークオープン間際は、本当に戦々恐々としてディーリングデスクで身構えていたことが思い出されます。

« ドル買い続く | トップページ | ドル/円揉み合い »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー