本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • The FxACE~ディーラー烈士伝 | Forex Press
  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 経CNBC]
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]
  • FXニュースサイト [Forex Press Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« [1/8]FX経済研究所出演 | トップページ | 強いドル買い意欲 »

2021/01/09

我が痛恨の時

たとえば急落した後、元の水準まで反発するといった「往って来い」相場を見るにつけても、私が昔4円幅ぐらいのレンジ相場で物も言えないほど大損した時のことを思い出さずにはいられません。

それまでの半年間は、ぐんぐん上がるトレンド相場で、バイ・アンド・ホールド(買って持ち続ける)してさえいれば儲かるイージーな相場で、実際大儲けしましたが、その相場に馴れていくにつれ、この相場まだまだ続くという確信めいた期待が膨らんでしまったことが、失敗の始まりでした。

そして、半年後、相場は荒っぽい上下動を経た後に、いつのまにかレンジ相場に移っていました。

しかし、自分の頭の中では、依然として上げのトレンド相場が続いていると考えていますから、上がれば買い、思った以上に下がると投げるということを1ヶ月の間に3回繰り返しただけで、ポジションが大きかったこともあって、とんでもない損失になってしまい、完全にギブアップとなりました。

その後、2ヶ月間大人しくしていた後、次の3ヶ月間の上昇トレンドで波に乗れ、損失は取り戻しましたが、本当にレンジ相場の怖さを思い知らされた出来事でした。

私は、これまでも何度も、トレンド相場とレンジ相場、そしてその変わり目といった相場つきについて取り上げてきましたが、それは、私自身が今申し上げたような忘れることの出来ない苦い経験をしたためで、決して皆様が同じ轍を踏まないようにと思うからです。

レンジ相場は、はっきり言って、各トレーダーそれぞれが生き延びようと相手を潰すという殺し合いの相場です。

決して、油断せず、細心の注意を払い、丁寧なトレードをする必要があります。

« [1/8]FX経済研究所出演 | トップページ | 強いドル買い意欲 »

BMFニュース

広告

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー