本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • X@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 強い米雇用統計だったが | トップページ | Weekly Report(2022/02/06) »

2022/02/06

押し込み輸出(無視できない実需取引)

本邦輸出企業が、月間の輸出実績を上げようと、追加の輸出を月内に押し込むことから、押し込み輸出と呼ばれています。

このため、月末の週になると、輸出企業からのドル売りが強まり、相場を押し下げる要因となります。

特に、この傾向は、業種的には自動車で良く見受けられます。

他に、こうした実需の事情から、相場に動きが出るのは、既によく耳にされていることと思いますが、5・10日(ことうび)の本邦輸入企業の輸入決済によるドル買いが上げられます。

輸入決済とは、輸入した原材料や製品の代金を海外の輸入先にドルで支払うことを言います。

日本が海外から最も輸入しているものが石油ですので、石油の輸入決済に基づくドル買いは、特に仲値前に目立ちます。

このように、ドル/円相場は、日本が、燃料や原材料を輸入し、製品に加工して輸出するという輸出入企業の需給、つまり実需筋の動きを無視して、相場を見ることはできません。

さらに、最近では、所得収支という海外への投資から受取る利息や配当金を円に交換するためのドル売りが大きくなっています。

ドル/円は、このように基本的に需給の相場ですから、月間でも需給にタイムラグがあって売りが強まったり、買いが強まったりしていていることに、注意が必要です。

ヒロセ通商 | タイアップ

« 強い米雇用統計だったが | トップページ | Weekly Report(2022/02/06) »

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [6/21][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告