本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« ミズラン(Mizlin)Part310:ラフォーレ倶楽部 伊東温泉 湯の庭[ホテル] | トップページ | 投機筋中心の相場(レンジ相場)   »

2023/04/01

先手必勝の電撃戦(個人投資家の戦い方)

ドル/円が、ボラタイルになっています。

ボラタイルとは、相場用語で、激しい値動きのことを言います。

今のドル/円は、17円の値幅しかなかった2022年2月までの5年間とは打って変わって、ボラタイルになっています。

それは、やはり動く相場に収益チャンスがあると見ている投機筋の参入が大きいと思います。

投機筋の強みは、短期間に大量の資金をマーケットに打ち込んで、相場を動かすという破壊力です。

この投機筋の動きに、実需の動きもひと飲みにされ、「実需は投機には勝てない」という声が高まります。

しかし、投機筋は、売ったら必ず利食いか損切りのために買わなければならない、あるいは買ったら必ず利食いか損切りのために売らなければならない弱みがある以上、長くはポジションを持ち続けられません。

一方、実需は、たとえばドル不足のドル買いのように、買ったら買いっぱなしで、その買いが継続的に出てくるのですから、相場に一方向のフロー(資金の流れ)を作り、それがボディーブローのように後から効いてきます。

そして、投機は実需には結局は勝てず、反対売買をして撤退することがよくあります。

ですから、投機をするのであれば、先手必勝の電撃戦に持ち込むことが大事です。

先手必勝:相手より先に行動することで勝つ戦い方

電撃戦:迅速に短期間で決着を付ける戦い方

特に、個人投資家の場合、海外投機筋のようなパワートレード(大量の資金を投入することで相場を木っ端微塵にするトレード)に任せることはできませんので、先手必勝の電撃戦が重要な戦い方です。

相撲言葉でいう「小よく大を制す(小さな力士が大きな力士をひっくり返す)」の姿勢が大事です。

ヒロセ通商 | タイアップ

« ミズラン(Mizlin)Part310:ラフォーレ倶楽部 伊東温泉 湯の庭[ホテル] | トップページ | 投機筋中心の相場(レンジ相場)   »

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [5/17][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告