本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 【海外投機筋動向 追伸】 | トップページ | ロンドン・ホラー劇場(LHT)には依然として警戒を »

2024/02/27

トレーダーは一人企業の経営者(自己完結できる)

トレーダーとは、基本的には、プロであっても、プロでなくても、あるいは専業であっても、兼業であっても、基本的には、一人企業の経営者だと思っています。

私が、初めてそう実感したのは、日本の銀行でディーラーをやっていた頃でした。

もちろん、組織ですから、マネージャーはいましたが、それ以前の問題として、ディーラーとして、どの通貨ペアでトレードし、トレードのスタイルは、スキャルピングにするのか、デイトレにするのか、あるいはスイングにするのか、またポジションの大きさ、あるいはトレードをする中心的な時間帯なども、可能な限り自分で決められました。

そして、実際にトレードをある期間やって、結果が出てみて、自分の方針に照らし合わせて良かったのか、悪かったのかといった一連のことが自己完結することができます。

つまり、最初から最後まで、自分が責任を取る、言い換えれば、自分で自由にできるということです。

これは、市場部門の魅力的なところで、いわゆる伝統的な銀行業務である、融資部門になりますと、いわゆる稟議(りんぎ)制度による合議制です。

稟議制度:会社・官庁などで、係の者が案を作成して関係者に回し、承認を求めること

ですから、融資部門は、よく言えば、複数の人間が、ひとつの案件を、いろいろな角度から見て、良し悪しを判断するので、間違いが少ないとも言えますが、逆に責任の所在がはっきりしなくなってしまいます。

よくあったのは、シンジケートローンが焦げ付いた時、その融資の責任を誰がとるのかはっきりせず、暗礁に乗り上げるということが起こりがちでした。

シンジケートローン:複数の銀行が連携して同一条件で行う法人融資の一種

したがって、個人的には、自己完結できる市場部門、つまりディーラーが、融資部門よりもずっとすっきりしていて好きでした。

これは、個人FXの皆さんも同じで、各自が一人企業の経営者であり、どうやって儲けるかという方針は自分で決められますし、儲けは総取りです。

つまり、自分の知恵と工夫次第で、なんとでもなるわけです。

また、なんといっても、身軽ですから、間違ったと思えば、方針転換は即座にできます。

そういうことで、トレーディングは、実にやりがいのあるものだと思います。

PR
ヒロセ通商 | タイアップ

« 【海外投機筋動向 追伸】 | トップページ | ロンドン・ホラー劇場(LHT)には依然として警戒を »

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [4/12][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告