本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 不思議なサイクル(3月に警戒) | トップページ | 時間で調整、価格で調整(痛みが伴うか伴わないか) »

2024/03/01

【海外投機筋動向 追伸】

昨日の22時30分発表の新規失業保険申請件数が予想より悪かったということを、手掛かりにニューヨークが売りまくって、149.21をつけてました。

ニューヨークが、パンパンのショートになったところに、G20参加中の植田日銀総裁が物価安定目標達成に慎重姿勢を示したことで、早期の政策正常化観測がやや後退したということで、買戻しとなりました、

そして今日のアジアで、あれ?SHTが元気がないと思ったのは、たぶんSHTもショートだったと思われ、実需の買いに押されて、買戻しが買戻しを呼んだのが今日の相場のようです。

今日は、FX経済研究所で、4カ月サイクルの調整下げの話をしましたが、ポイントは、あくまでもトレンドは上昇トレンドであり、下げはあくまで調整だということです。

ですので、本流が上昇トレンドであることは、決して忘れてはならないと思います。

それでも、昨日のSHT、NYのように、隙あらば下げようとする海外勢がいますので、それをどうかわすかということが大事だと思います。

PR
ヒロセ通商 | タイアップ

« 不思議なサイクル(3月に警戒) | トップページ | 時間で調整、価格で調整(痛みが伴うか伴わないか) »

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [4/19][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告