本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • twitter@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« 【海外投機筋動向 追伸】 | トップページ | 今の相場は、アヤなのか、相場転換なのか(焦らず待つこと) »

2024/04/15

金融庁(個人FX管轄官庁)

よく、財務省と日銀と、そして金融庁が参加して、為替が変動すると三者会合が開かれます。

この中で、財務省と日銀が参加することはうなづけても、なぜ金融庁までも参加するのかと言えば、個人FXを管轄しているのが、金融庁だからです。

しかし、最近の個人のFXの発展ぶりにより、金融庁の存在感はますのではないかと思っています。

なんといっても、年間で1京円を超す取引が、個人FXで行われ、巨大な集団と本邦個人投資家層はなってきています。

しかし、今の三者会合の中で、金融庁の影は薄いですが、いわゆる制度面の整備に限らず、個人FXの拡大に当たっても、オピニオンリーダーとしての存在感を増してもらいたいと思います。

今や、個人FXは、列記とした産業です。

産業拡大には、どうしても金融庁の導きが必要と思います。

1998年に、外国為替管理法の改正によって、個人のFXが解禁となりました。

そこからの道のりは、詐欺まがいの犯罪などがあって、決して平たんなものではありませんでしたが、2022年から年間取扱は、1京円を超してきています。

それだけに、健全な成長を、金融庁には、お導き頂きたいと願います。

« 【海外投機筋動向 追伸】 | トップページ | 今の相場は、アヤなのか、相場転換なのか(焦らず待つこと) »

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [5/17][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告