本サイトについて

  • 本サイトはFXストラテジスト水上紀行およびBMFの公式サイトです。

    バーニャ マーケット フォーカスト (BMF) では、内外大手銀行で蓄えた豊富な経験と知識を基に、弊社外為ストラテジストが精度の高い外国為替情報の配信に努めています。

    このサイトでは、BMF の活動状況などをご紹介していきます。

    >> プロフィール  >> TOP Page
  • X@mizukamistaff

    FXマーケットフォーカスト | GLA

  • 水上紀行|初心者でもわかる相場解説|FX入門サイトエフプロ

    WFXA 為替ストラテジスト 水上紀行

  • BMFへの業務依頼用フォーム

リンク集

  • FX経済研究所 日経CNBC
  • FXサプリ
  • 投資情報なら [WFXA Top Page]

ご利用に際して

  • 本サイトはお客様への情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。
    当社が信頼できると思われる各種データに基づき情報を提供しておりますが、情報は作成時点のものであり、予告なく変更削除することがあります。
    記載されている情報の正確性、信頼性、安全性について、また情報の利用に起因するお客様の直接的/間接的被害についても当社が責任を負うものはでありません。
    投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断と責任でなさってくださるようお願いいたします。

    以上をご了承の上、本サイトをご利用下さい。

    © Banya Market Forecast,
    All rights reserved.

« ロンドン・ホラー劇場(LHT)には依然として警戒を | トップページ | 【海外投機筋動向 追伸】 »

2024/05/15

5月・6月・7月(相場のイメージを持つ)

ドル/円の日足を見ますと、1月を安値に上昇を続けています。

3月に日銀のマイナス金利解除の思惑で4円下げて往って来いになりました。

そして、この4月に介入を期待して、マーケットショートにしたものの155.00を上抜けたのに介入は出ず、買戻しに160.17まで吹き上げた後、2回の介入が入り151.86まで8円30銭ほど反落しましたが、今度は個人投資家層が買いに回ったため、その後はジリ高となっています。

この3月と連休前後に凸凹はできましたが、1月から安定的な上昇を続けています。

従来から、4月・5月・6月は、安定した上昇になることが多く見られ、今年も、介入の可能性はあっても、季節的には上昇を続けるものと思います。

問題はその後の7月で、2022年、2023年ともに大幅下落をしており、しかも私がインターバンクで激しく張っていた1990年の相場でも、5月・6月は大幅上昇した後、7月に急落しており、それを考えると、7月の下げは、昨今のことだけではなく、恒常的に下げやすい時期だと思われます。

1990年の場合、5月・6月の2カ月間で、24円抜いて、7月を迎えたところ、なんか言い知れぬ達成感を感じ、ロングをすべて利食い、逆にショートにして、反落を取ったという鮮烈な思い出があります。

そして、最近わかってきたのは、7月は8月の夏休みシーズンを前に、ビッグプレーヤーが利食いの入るのに乗じて、デイトレの海外投機筋も便乗して売り込んでくるため、下げがきつくなっているもようです。

こうしたことを踏まえて、7月までどういうトレードをしておけば良いか、各自考えておくことが大事だと思います。

PR
ヒロセ通商 | 特別動画タイアップ

« ロンドン・ホラー劇場(LHT)には依然として警戒を | トップページ | 【海外投機筋動向 追伸】 »

BMFニュース

  • [BMF 活動最新情報]

    [6/21][日経CNBC]FX経済研究所出演【詳細】

  • ご紹介Twitter/X @mizukamistaff【詳細】

広告